症例から学ぶ和漢診療学

寺澤先生の本を読んで、漢方をもう一度勉強してみる気持ちになりました。例えば気虚スコア、多変量解析で相関性の高い項目をピックアップしたとか。現代の科学の目を通して、生まれ変わった漢方(和漢)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です