甲状腺機能亢進症(バセドウ病)でメルカゾールを飲んでいる女性が妊娠したら、しないといけない、たったひとつのこと。

おはようございます。アロマ薬剤師🌿ゆき🌿です。

今日は、甲状腺機能亢進症のAさんの話をします。Aさんは20代後半の女性です。甲状腺機能亢進症の一種であるバセドウ病と診断され、メルカゾールと言うお薬を飲んでいます。

甲状腺機能亢進症は、甲状腺ホルモンか過剰に分泌されるために起きる病気です。代謝や交感神経が亢進するため、体重が減ったり、胸がどきどきしたり、手など細かく震えたり、汗をかいたりします。

その代表的な原因はバセドウ病で、6割から8割を占めます。そして、若い女性に多い病気です。若い女性に多いと言う事は、妊娠する可能性が常にあると言う事です。

その日、Aさんはいつものメルカゾールの処方箋ではなく、産婦人科の処方箋を持ってわたしの薬局に来られました。聞くと、妊娠された、とのことでした。

これは大変、と思いました。メルカゾールは甲状腺機能亢進症の第一選択薬ですが、妊娠初期に飲んでいると、赤ちゃんに良くない事が分かっています1)。病状が安定していればメルカゾールは中断で経過観察、もしくは妊娠中も服用出来るチウラジールに変更する必要があります2)。

わたしはAさんがメルカゾールをもらっている病院に電話して、主治医のB先生に連絡しました。その足で受診してください、とのことで、Aさんにお伝えしました。

その後、Aさんは、薬なしで様子見となりました。妊娠すると、それまで飲んでいた薬が飲めなくなる場合があります。薬のことは、ぜひ薬剤師に相談して下さい。わたしたちはその為にいます。

1)POEMスタディと言う観察研究で、頭皮欠損などメルカゾール奇形症候群が起きる事が分かっています。
2)参考「ホスピタリストのための内科診療フローチャート」



0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です