生後1ヶ月から36ヵ月の39℃以上の発熱があり、身体所見で熱源が分からなかった幼児を対象に、CRPのカットオフ値が検討されている。

Pulliamらは、生後1ヶ月から36ヵ月の39℃以上の発熱があり、身体所見で熱源が分からなかった幼児を対象にした検討で、重症細菌感染症(SBI)診断の為にCRPのcut-off値を7mg/dL(感度79% 特異度91% LR+8.3)以上とし、またCRP<5mg/dLは重症細菌感染症を除外すると述べています1)。

ここで述べられているSBI(serious bacterial infection) は、菌血症、髄膜炎、尿路感染症、肺炎、化膿性関節炎、骨髄炎と定義されます。

以下、論文アブストラクトの機械翻訳を掲載します。

「目的:1〜36ヶ月の発熱性小児における臨床的に検出不可能な重篤な細菌感染(SBI)に関連する定量的C反応性タンパク質(CRP)の診断特性を決定すること。

方法:この予定コホート研究には、小児救急部(ED)に1〜36か月、温度が39℃以上、臨床的に検出不可能な発熱源を提示している発熱性小児が登録されていた。

イェール観測スケールを用いた人口統計学的情報、ED温度、発熱の持続時間、臨床評価を初期評価時に記録した。白血球数(WBC)、バンド数、絶対好中球数(ANC)およびCRP濃度を同時に測定した。

全ての患者は、血液培養および尿検査または尿培養のスクリーニングを受けた。EDの医師の裁量により、胸部X線写真が得られた。

EDへの提示から1週間以内に抗生物質を使用した経歴のある患者は除外した。主な結果は、実験室または放射線学的に証明されたSBI(菌血症、髄膜炎、尿路感染症、肺炎、敗血症性関節炎および骨髄炎)の存在であった。

結果:77人の患者がこの研究に登録された。 SBI(尿路感染6例、肺炎4例、肺炎連鎖球菌菌血症1例、肺炎菌血症4例)、63例にSBIはなかった。

2群は、年齢、性別、発熱温度、発熱期間、およびイェール観察スケールで区別できなかった。

CRP濃度、WBCおよびANCは、2群間で有意に異なっていた。多変量ロジスティック回帰分析では、CRPのみがSBIの予測因子として残った(ベータ= 0.76、95%信頼区間[CI]:0.64,0.89)。

レシーバ動作特性解析では、ANC(AUC 0.805、SE 0.051、95%CI:0.705,0.905)より優れたCRP(曲線下面積[AUC] 0.905、標準誤差[SE] 0.05,95%CI:0.808,1.002))およびWBC(AUC 0.761、SE 0.068,95%CI:0.628,0.895)と比較した。

感度および特異性(感度79%、特異性91%、尤度比8.3,95%CI:3.8,27.3)の両方を最大にするように、CRPカットオフ点7を決定した。多変量尤度比および事後確率は、様々なCRPレベルについて計算された。 <5mg/dLのCRP濃度は、SBI(尤度比0.087,95%CI:0.02,0.38、SBI1.9%の検定後確率)を効果的に排除した。

結論 CRP濃度は、潜伏性菌血症とSBIのリスクがある熱性幼児の評価において、WBCまたはANCよりも優れた予測値を有する臨床検査で有益である。」

1)Pulliam PN et al. C-reactive protein in febrile children 1 to 36 months of age with clinically undetectable serious bacterial infection. Pediatrics. 2001 Dec;108(6):1275-9. PMID: 11731648

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です