無症候性高尿酸血症を伴ったCKDステージ3~4の患者で、フェブキソスタットはeGFR低下を抑制した。

無症候性高尿酸血症を伴ったCKDステージ3~4の患者をランダムにフェブキソスタット群とプラセボ群に割り付け6か月経過を観察した報告があります。

1施設内で二重盲検によって行われました。結果、フェブキソスタット群でeGFR 10%以上の低下が有意に抑制されました1)。以下、アブストラクトの機械翻訳です。

「バックグラウンド:高尿酸血症は、慢性腎臓病(CKD)の進行の推定上の危険因子である。我々は、無症候性高尿酸血症のコントロールがCKDの疾患の進行を遅らせる可能性があると仮説した。

研究デザイン:これは、単一施設、二重盲検、無作為化、並行群、プラセボ対照研究であった。

設定と参加者:参加資格のある参加者は、東インドの成人で、18歳から65歳のCKDステージ3および4、無症候性高尿酸血症であった。

介入:プラセボ群はプラセボを投与されたが、介入群はフェブキソスタット(40mg)を1日1回6ヵ月間投与した。両群とも6ヶ月間追跡調査した。

アウトカム:主要アウトカムは、フェブキソスタットおよびプラセボ群のベースラインからの推定糸球体濾過率(eGFR)の> 10%の低下を示す患者の割合であった。副次的結果には、ベースラインおよび試験期間終了時の2つの群のeGFRの変化が含まれた。

結果:フェブキソスタット群の45人およびプラセボ群の48人を分析した。フェブキソスタット群の平均eGFRは、6ヶ月で31.5±13.6(SD)から34.7±18.1mL / min / 1.73m(2)まで有意な増加を示した。

プラセボでは、平均eGFRはベースライン32.6±11.6から28.2±11.5mL / min / 1.73m(2)に減少した(P = 0.003)。群間の差は、6ヶ月で6.5(95%CI、0.08-12.81)mL / min / 1.73m(2)であった(P = 0.05)。

フェブキソスタット群の45人中17人(38%)は、プラセボ群の48人中26人(54%)(p <0.004)と比較して、ベースラインよりもeGFRが> 10%低下した。

制限:この研究の限界には、少数の患者と短い追跡調査が含まれ、無作為に割り当てられた人口の約10%が完了前に脱落した。

結論:Febuxostatは、CKDステージ3および4におけるeGFRの低下をプラセボと比較して減速させた。

1)Sircar D et al. Efficacy of Febuxostat for Slowing the GFR Decline in Patients With CKD and Asymptomatic Hyperuricemia: A 6-Month, Double-Blind, Randomized, Placebo-Controlled Trial. Am J Kidney Dis. 2015 Dec;66(6):945-50. PMID:26233732

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です