書籍紹介:薬剤師業務のさらなる展開 2006年版ハンドブック



書籍紹介:薬剤師業務のさらなる展開 2006年版ハンドブック

薬剤師必読の一冊

薬剤師業務の質の向上・拡充に高く理想を掲げた本で、ぜひご一読されることをお勧めします。

どのページを取っても引用したい文章が並んでいますが、1章だけここにご紹介しようと思います。治療に関する疑問を解消するために、コクランライブラリをどのように用いることができるか、ケースレポートを例示しています。

妊婦中の無症候性細菌尿を治療すべきかどうか、内科の同僚から電話で相談がありました。どうしても必要がある場合以外は胎児を薬物に曝露させたくないと言う希望があり、クランベリージュースを飲むのはどうかと質問されているとの事です。

あなたならどうしますか?

コクランライブラリを検索すると、無症候性細菌血症を治療することで、妊婦の腎炎を予防し、早産を防止すると言うエビデンスがあることが分かります。治療必要数は7、すなわち1人の腎炎を予防するのに抗生物質を飲む必要がある人数は7人です。妊娠中のペニシリンの服用は安全域が広いと報告されています。一方で、クランベリージュースに腎炎の予防効果があるかは不明でした。

以上を同僚に伝えたところ、アモキシシリン1,500mg 分3 7日分が処方になりましたが、最終的に飲むかどうかは患者さんが決める内容、と結ばれていました。

検索の仕方など、詳しく例示していますので、興味を持たれた方はぜひ本書を手にとって読んで見て下さい。

アンサングシンデレラのように、読むと勇気が出る本です。

コラム

職場の悩みはありませんか?

わたしも最初の職場がどうしても合わず、1年足らずで退職しました。今の職場は上司や同僚に恵まれ、毎日楽しく働いています。

あなたが現状に悩んでいるのであれば、専門家に相談してみてはいかがでしょうか?

転職を考える場合、現在の環境から離れることを一番に考えてしまいがちですが、転職先には現在の職場にない問題があります。

わたしはラッキーでしたが、転職後の方が辛い思いをしてしまった、と言う話も耳にします。

自分に適した職場を見つけるためには、頼れるスタッフに協力してもらうことが重要です。

回り道のように見えますが、転職を成功させるための最短の近道と思います。

あなたも1歩踏み出してみてはいかがでしょうか?
あります!今よりアナタが輝く職場
薬剤師の求人ならエムスリーキャリア

推薦図書

薬剤師業務のさらなる展開 患者中心のケアを目指して [カリン・ウィーデンマイヤー]

関連記事

「処方箋の”なぜ”を病態から推論する」を若手だけでなく中堅以上の薬局薬剤師にもお勧めしたい理由。

臨床研究の論文を読み始めた人にお勧めする3冊の書籍。

書籍紹介:薬剤師業務のさらなる展開 2006年版ハンドブック

「寄り道」呼吸器診療 呼吸器科医が悩む疑問とそのエビデンス [ 倉原優 ]書籍紹介

神戸大学感染症内科版TBL 問題解決型ライブ講義集中!5日間 [ 岩田健太郎 ]

健康格差と言う公衆衛生の問題を、ロールズ哲学の正義論で論じる書籍の紹介。

感染症を勉強するための書籍紹介。

日常診療に潜むクスリのリスク 臨床医のための薬物有害反応の知識 [ 上田 剛士 ]

医学的根拠とは何か (岩波新書) [ 津田敏秀 ]

ジェネラリストのための内科診断リファレンス エビデンスに基づく究極の診断学をめざして [ 上田剛士 ]

内科診療ストロング・エビデンス [ 谷口俊文 ]

和漢診療学 あたらしい漢方 (岩波新書)寺沢捷年

症例から学ぶ和漢診療学

スポンサーリンク


⬇参考になったと思って下さったあなた、バナークリックをお願いします☺

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

自分だけ知ってるのはもったいないと思って下さったあなた、⬇のSNSボタンでシェアをお願いします😉

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です