日常診療に潜むクスリのリスク 臨床医のための薬物有害反応の知識 [ 上田 剛士 ]

「ジェネラリストのための内科診断リファレンス」の著者上田剛士先生による薬の副作用の本。カンゾウ、テオフィリン、ジギタリス、活性型ビタミンDなど、ありふれた薬のリスクについて豊富な文献の裏付けに基づいて書かれています。面白くて一気に読み通してしまいました。コラムも面白く必読です。

関連記事です。

日常診療に潜むクスリのリスク 臨床医のための薬物有害反応の知識

ホスピタリストのための内科診療フローチャート

ジェネラリストのための内科診断リファレンス

内科診療ストロング・エビデンス

症例から学ぶ和漢診療学

和漢診療学 新しい漢方

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です