ニューキノロンについて書いた記事をまとめました。


ニューキノロンについて書いた記事をまとめました。

バイオアベイラビリティが良好で組織移行性もよく、抗菌スペクトラムも広いニューキノロン。

処方機会も多いですが、どのくらいこの薬の事を知っていますか?

わたしが調べた内容をシェアします。

ニューキノロンの耐性に関するMSW仮説について

PRSPによる市中肺炎では、ニューキノロンの筆頭はガレノキサシンだか、MSW仮説から有効性の説明を試みる。

肺炎球菌による市中肺炎で、腎機能中等度低下している場合は、ニューキノロンをどのように使用したらよいか。

ガレノキサシンはデュアルインヒビターでMPC が低く、耐性肺炎球菌に有効かも知れない。

レボフロキサシンは腎機能低下時の投与設計式が成立する為の仮定を満たすか、検証する。

閉経後の急性膀胱炎が治らなくて、薬が変わりました。どんな抗生物質を何日間飲んだら良いですか?

閉経前の急性単純性膀胱炎にはどんな抗生物質を飲んだら良いでしょうか?

クラビットとマグミットは一緒に飲んだらいけないと聞いたけれど、どちらを先に間隔は何時間あけて服用したら良い?

透析患者のLVFXの用法用量はCCr<20に準じる。過量投与は中枢性副作用を起こす場合があり、注意が必要。

参考になった、と思って下さったあなた、バナークリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

SNSボタンでシェアをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です