カルシウム強化ウェハースを箱買いしたいのですが。

耳鼻咽喉科の前の保険薬局で働いていた時の事です。耳鼻咽喉科のクリニックの処方箋を持ってこられた老婦人Aさんが、カウンターに並べられた健康食品の棚をしばらく眺めておられました。そして、カルシウム強化ウェハースを箱買いしたいとおっしゃられました。「前にも食べた事があって、美味しくて食べやすかったから」との事でした。

事務員さんが在庫を確認される間に、お薬手帳を確認していると、整形外科から骨粗鬆症の治療薬としてエディロールカプセル0.75μgを服用されている事に気付きました。

エディロールはビタミンDに類似した作用があり、小腸からカルシウムの吸収を増やす作用があります。その為、カルシウムの摂りすぎには注意しなくてはいけません。とくに腎臓の働きの衰えた高齢の方には注意が必要です。

Aさんに「ウェハースはどれくらいのペースで食べられますか?」と尋ねると、「多い時は1日5枚くらい食べています。」との返答でした。ウェハースには、1枚につきカルシウム200mgが含まれていて、これはコップ1杯の牛乳に相当する量です。ウェハース5枚なら1000mgで、これは牛乳1リットルに相当する量です。

カルシウムサプリメントの1日量で参考になるのは、厚労省が「栄養機能食品」の上限としている600mgです。また、ガイドラインを見てもビタミンDを飲んでいる場合は特に注意するように、と勧告されています。食欲不振や便秘、多飲などが症状となる、高カルシウム血症を起こす可能性があります。

また、ウェハースを5枚食べている事を、お菓子だからと医師に伝えず、便秘改善を目的にマグミットのような酸化マグネシウム製剤が処方されれば、ミルク・アルカリ症候群を起こし、最悪の場合腎機能不全を起こす可能性もあります。

Aさんには、このように伝えました。「骨粗鬆症でカルシウムを摂った方がよいとお考えだったのですね。ですが、サプリメントとして摂るにも適量があって、とくにAさんのように、お薬を飲まれている方には注意が必要です。1日1枚程度に留めてはいかがでしょうか?」

Aさんは分かりましたとおっしゃって下さいました。ありふれた薬やサプリメントでも、使い方によっては重大な健康被害をもたらすことがあります。サプリメントを飲んでみたいと言う方は、私たち薬剤師に相談して下さい。私たちはそのために居ます。

参考文献
「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版」
「日常診療に潜むクスリのリスク」上田剛士 医学書院 2017年


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です