アロプリノール服用群は心筋梗塞の発症が少ない。

Medlineの請求データから、65歳以上の高齢者にアロプリノールを投与した効果を検討した後ろ向きコホート研究が発表されています。

アロプリノール服用群は心筋梗塞の発症が少なく、HR:0.85[95%CI:0.77to0.95]でした。服用期間が2年を超えると0.70[0.56to0.88]と、服用期間が長い程、心筋梗塞の発症は減少していました。
(PMID:27655429)

以下、アブストラクトの機械翻訳を掲載します。

バックグラウンド:アロプリノールと心筋梗塞(MI)との関連性を調べた以前の観察研究は、矛盾した結果をもたらした。 1件の研究では、アロプリノールがリスクを減少させたが、別の研究ではアロプリノールによるリスクが増加することが示された。

したがって、我々の目的は、アロプリノールの使用が高齢者におけるMIのリスクの低下と関連しているかどうかを評価することであった。

方法:我々はコホート研究における新しいアロプリノールの開始とMIの発生のリスクの関連性を研究するために、メディケア受益者の2006-2012 5%ランダムサンプルを使用した。

さまざまな心臓保護薬(ベータブロッカー、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害剤、利尿薬、スタチン)に加えて、年齢、性別、人種、およびCharlson指数を調整した多変量調整Cox回帰モデル。 95%信頼区間(CI)でハザード比(HR)を算出しました。

高血圧、高脂血症、糖尿病、喫煙を含む冠動脈疾患(CAD)危険因子を調整した感度分析。

結果:発生したアロプリノール使用の29,298例のうち、1544例がMIの発症(5.3%)に関連していた。アロプリノールの使用はMIのリスクの低下と関連し、HRは0.85(95%CI、0.77〜0.95)であった。

アロプリノールを使用しない場合と比較して、アロプリノールを長期間使用すると、MIのHRが低下した。

1〜180日、0.98(95%CI、0.84〜1.14)。 181日〜2年、0.83(95%CI、0.72〜0.95); 2年以上、0.70(95%CI、0.56-0.88)であった。

MIの危険性が高い他の要因は、75歳以上85歳未満、85歳以上、男性性別、Charlson指数スコアの上昇、ACE阻害剤の使用であった。 CADリスク要因の調整によりこれらの所見が確認された。

結論:アロプリノール使用は、高齢者におけるMIの発症リスクの低下と関連していた。アロプリノール使用の持続時間が長いほど、MIの漸増的なリスクが減少した。

将来の研究では、MI予防の根底にあるメカニズムを評価し、アロプリノール使用のリスク – 便益比を評価するべきである。

Allopurinol reduces the risk of myocardial infarction (MI) in the elderly: a study of Medicare claims.

Jasvinder A. Singhcorresponding author1,2,3 and Shaohua Yu2
1Medicine Service, Birmingham VA Medical Center, Birmingham, AL USA
2Department of Medicine at School of Medicine, and Division of Epidemiology at School of Public Health, University of Alabama at Birmingham (UAB), Faculty Office Tower 805B, 510 20th Street S, Birmingham, AL 35294 USA
3Department of Orthopedic Surgery, Mayo Clinic College of Medicine, Rochester, MN USA
Jasvinder A. Singh, Phone: 205-934-8158, Email: moc.liamg@dm.rednivsaJ.

Contributor Information.
corresponding authorCorresponding author.
Author information ► Article notes ► Copyright and License information ►

Received 2016 May 4; Accepted 2016 September 5.
Copyright © The Author(s). 2016

Open AccessThis article is distributed under the terms of the Creative Commons Attribution 4.0 International License (http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/), which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided you give appropriate credit to the original author(s) and the source, provide a link to the Creative Commons license, and indicate if changes were made. The Creative Commons Public Domain Dedication waiver (http://creativecommons.org/publicdomain/zero/1.0/) applies to the data made available in this article, unless otherwise stated.

Go to:

Abstract

Background
Previous observational studies that have examined the association of allopurinol with myocardial infarction (MI) have provided contradictory results. One study showed that allopurinol reduced the risk, while another study showed an increased risk with allopurinol. Therefore, our objective was to assess whether allopurinol use is associated with a reduction in the risk of MI in the elderly.

Method
We used the 2006–2012 5 % random sample of Medicare beneficiaries to study the association of new allopurinol initiation and the risk of incident MI in a cohort study. Multivariable-adjusted Cox regression models adjusted for age, gender, race, and Charlson index, in addition to various cardio-protective medications (beta-blockers, angiotensin-converting enzyme (ACE) inhibitors, diuretics, statins). We calculated hazard ratios (HRs) with 95 % confidence intervals (CIs). Sensitivity analyses adjusted for coronary artery disease (CAD) risk factors, including hypertension, hyperlipidemia, diabetes, and smoking.

Results
Of the 29,298 episodes of incident allopurinol use, 1544 were associated with incident MI (5.3 % episodes). Allopurinol use was associated with reduced hazards of MI, with a HR of 0.85 (95 % CI, 0.77 to 0.95). Compared to no allopurinol use, longer durations of allopurinol use were associated with a lower HR of MI: 1–180 days, 0.98 (95 % CI, 0.84 to 1.14); 181 days to 2 years, 0.83 (95 % CI, 0.72 to 0.95); and >2 years, 0.70 (95 % CI, 0.56 to 0.88). Other factors associated with a higher hazard of MI were: age 75 to <85 years and ≥85 years, male gender, higher Charlson index score, and the use of an ACE inhibitor. Adjustment for CAD risk factors confirmed these findings. Conclusion Incident allopurinol use was associated with a reduction in the risk of incident MI in the elderly. Longer durations of allopurinol use reduced the risk of incident MI incrementally. Future studies should assess the underlying mechanisms for MI prevention and assess the risk-benefit ratio for allopurinol use. Electronic supplementary material The online version of this article (doi:10.1186/s13075-016-1111-1) contains supplementary material, which is available to authorized users. Keywords: Allopurinol, Myocardial infarction, MI, Risk factor, Pharmacoepidemiology, Elderly, Predictor, Coronary artery disease, CAD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です