薬局はあなたの毎日を守る小さな小さな最後の砦(「アンサング・シンデレラ」単行本カバーより)

68歳のAさん(仮)は進行性急性糸球体腎炎で通院されている患者さんです。

ある時、循環器内科からリクシアナ錠60mgを含む処方せんを持って来られました。心房細動のため、開始になったとのことです。

過去のデータから、Aさんは体重52kg、クレアチニンクリアランス(CCr)32.7mL/minであることを把握していました。

Aさんのリクシアナ錠60mgは、このまま調剤してよいのでしょうか?

リクシアナ錠60mgは、体重60kg以下または腎機能が中程度低下していると30mgに減量が必要

エドキサバン(商品名リクシアナ)の添付文書には、次のように書かれています。

非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症の発症抑制、静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症及び肺血栓塞栓症)の治療及び再発抑制:エドキサバンとして次の用量を1日1回経口投与する。

体重60kg以下:30mg。
体重60kg超:60mg。なお、腎機能、併用薬に応じて1日1回30mgに減量する。

体重60kgを超える患者のうち、次のいずれかに該当する患者には、30mgを1日1回経口投与する:(中略)

(2)非弁膜症性心房細動の虚血性脳卒中発症抑制で30≦Ccr[mL/分]≦50及び非弁膜症性心房細動の全身性塞栓症発症抑制で30≦Ccr[mL/分]≦50(以下略)

つまり、体重60kg以下、またはCCr:30~50mL/minでは、エドキサバン(商品名リクシアナ)は30mgに減量が必要と言うことです。

Aさんは、このどちらも満たしているので、病院に連絡してリクシアナの減量の必要性の確認をしようと考えました。

1回目の疑義照会で腎機能を伝えるが、看護師さんから処方医に取り次いでもらえなかった

「お世話になっております。AさんのCCr32.7と以前伺っています。減量基準に相当すると思われるのですが。」

「本日検査して、腎機能は改善が見られてますけれど。」

「よろしければ数値を教えて頂けませんか?」

「クレアチニン1.45、eGFR39です。」

なんだか雲行きが怪しく、処方医に取り次いでもらえなさそうです。その後もう少しやりとりが続き、電話は終わってしまいました。

2回目の疑義照会で、体重を伝えることで処方医に取り次がれ、リクシアナ30mgに減量

薬局内で他の薬剤師にも相談しましたが、今日の検査値で計算してもCCr35.9mL/minとなり、依然、減量基準に該当します。

腎機能でなく、体重で疑義照会してみたら、と言うアイデアをもらい、もう一度疑義照会することにしました。

「度々申し訳ありません。Aさんの体重52kgと伺っています。リクシアナは添付文書では60kg以下で30mgに減量と書かれているので、減量基準に該当すると思うのですが。」

1回目とは違う看護師さんで、処方医に取りついでもらえました。結果、リクシアナ錠30mgに減量となりました。

薬局はあなたの毎日を守る小さな小さな最後の砦(「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」荒井ママレ著 コミックゼノン 単行本1巻カバーより)

無事、薬をお渡しすることが出来ました。ご家族のお話しでは、現状でもあざが出来やすい傾向があるそうです。

もし減量しないでリクシアナ錠60mgを飲んでいたら、出血リスクがあったかも知れません。

リクシアナの臨床試験であるENGAGE AF-TIMI 48関連の論文を見ると、腎機能に応じて低用量にしても、効果はワーファリンと比べて見劣りしません。

リクシアナの特徴は頭蓋内出血が少ないことなので、規定以上の量を飲むと、薬の良さを消してしまう可能性があります。

薬剤師は、医師の処方に唯一法律的に異議をとなえることが出来る職種です。

安全な薬物療法を提供することは、薬剤師が患者さんに負っている責任です。

今回の事は、処方せんの内容に疑問があれば、臆することなく疑義照会をしようと改めて考えさせられた出来事でした。

関連記事です✏
薬局はあなたの毎日を守る小さな小さな最後の砦(「アンサング・シンデレラ」単行本帯より)その2

アンサングシンデレラ「近くて遠い目の前」でも取り上げられた、ハチ毒アナフィラキシーの救命とβ遮断薬の関係

薬剤師の仕事に興味を持ったあなたに、全力でお勧めのコミックがあります‼☺

購入は⬇から。もちろん送料は無料です📚✨


⬇薬剤師は薬を揃えるだけの仕事じゃないんだ、と思って下さったあなた、バナークリックをお願いします✨

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

自分だけ知ってるのはもったいないと思って下さったあなた、⬇のSNSボタンでシェアをお願いします😉

薬剤師なら知っておきたい、高齢者がガスターを飲む場合は減量が必要と言う話✏

こんばんは🌙😃❗健康生活アドバイザー、アロマ薬剤師🌿ゆき🌿です✨

今日はこんな話をします。

高齢者がガスターを飲む時には、量を減らして飲む必要がある

市販薬で有名なガスター10ですが、病院で処方されるのはガスター20と、倍の有効成分が入っています。

市販薬は、わたしたち消費者が安全に使用出来るよう、医療用の薬より有効成分が少ない場合があります。

高齢の方のガスターは、どれくらいの量が安全❔

先日、90歳女性Aさん(仮)に内科医院から、次のような薬が追加されました。

ファモチジン10mg 2錠 1日2回 朝食後・寝る前

ファモチジンは、ガスターの成分表記です。添付文書には、次のように書かれています。

「腎機能低下患者への投与法:ファモチジンは主として腎臓から未変化体で排泄されるが、腎機能低下患者にファモチジンを投与すると、腎機能の低下とともに血中未変化体濃度が上昇し、尿中排泄が減少するので、次のような投与法を目安とする。

[1回20mg1日2回投与を基準とする場合]60mL/min>Ccr>30mL/min:1回20mg1日1回又は1回10mg1日2回」

ガスターは腎臓の働き具合で量が決まる

CCrはクレアチニン・クリアランスの略号で、腎機能の指標となります。ファモチジンの投与量は、CCrに応じて調整するように定められています。

Aさんの腎機能はデータが不明ですが、年齢からはCcr30mL/min程度ではないかと予想されました。

この予想は、腎機能は20歳の正常値100mL/minから、1年毎に1mL/minづつ低下すると仮定することで得られます。

これらの情報から、Aさんにとって安全なガスターの量は、内科医院の処方箋の通りであることが分かります。

高齢者は生理機能が低下しているので、若年・壮年者と比べて薬にも特別な注意が必要

ビアーズ基準について

高齢者に安全に薬を使用することが出来るように、定められた基準が幾つかあります。

有名なものは、ビアーズ基準で、マーク・ビアーズによって提唱された潜在的に不適切な医薬品の使用を認識する、それに合致した薬の一覧です。

薬の事情は国毎に異なる為、ビアーズ基準には日本版があります。

そこではガスターに代表されるH2ブロッカーには、せん妄リスクあり重篤度:高としています。

ガスターが高齢者に注意が必要な理由

ファモチジンが体内から排泄される時間の目安である血中消失半減期は、若年の場合2.6時間程度ですが、腎機能障害があると半減期は延長し、20時間を超えることもあります。

したがって、もし減量しなければ、血中濃度が非常に高くなることが予想されます。

またファモチジンよる精神症状は、基礎疾患のある高齢者に出現しやすく、その状態はいわゆる痴呆状態に類似しているとされます。

ある症例報告1)では、ファモチジンを高齢者に投与する際には、特に注意深い経過観察が必要であると結論しています。

Aさんはどうしたらよいでしょう?

Aさんの場合も、ガスター20ではなく低用量のガスター10を服用し、せん盲などが起こらないか、経過を見守る事が必要と考えられました。

また、今夜血液検査を行った場合は、血清クレアチニンやCCrなどを確認し、腎機能とガスターの用量を再評価したいです。

読んで下さってありがとう☺
ゆきでした。

参考文献
1)「Famotidineにより抑うつとせん妄を呈した1症例」 光風会三光病院精神科 臨床精神医学 29(12): 1617-1623, 2000.

薬剤師の仕事に興味を持ったあなたに、全力でお勧めのコミックがあります‼☺

購入は⬇から。もちろん送料は無料です📚✨


⬇高齢者の薬は若い人の量のままでは多いんだ、と思って下さったあなた、バナークリックをお願いします✨

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

自分だけ知ってるのはもったいないと思って下さったあなた、⬇のSNSボタンでシェアをお願いします😉

薬局はあなたの毎日を守る小さな小さな最後の砦(「アンサング・シンデレラ」単行本帯より)その2

帯状疱疹で92歳の女性Aさん(仮)にバルトレックス錠500mg 6錠 分3 毎食後が処方されました。

体格は、身長140cm、体重40kgと小柄です。体表面積(BSA)は1.24m2です。

Aさんの処方箋は、このまま調剤して良いのでしょうか?

高齢の人はバルトレックスを減量する必要がないかチェックが必要

バルトレックスは腎臓で濾過されて、尿に排泄されます。腎機能は年齢とともに衰えるので、高齢の方は減量しなくて良いか、チェックが必要です。

血液検査の結果をスキャンしたものが電子薬歴にありましたので、Aさんの腎機能が確認出来ました。

標準化eGFR47mL/分/1.73m2でした。

標準化eGFRは、体格を反映した個別eGFRへの変換が必要

標準化eGFRは、体表面積1.73m2に標準化して表記した腎機能です。

そのため、Aさんの投与量を決めるためには、体表面積の補正を外し、個別eGFRを求めなければいけません。

Aさんの個別eGFRは、34mL/分でした

個別eGFRは、添付文書のクレアチニンクリアランスに近似できる

詳しい説明は省きますが、個別eGFRは添付文書のクレアチニンクリアランス(Ccr)に近似するので、読み替えることが出来ます。

バルトレックスの添付文書を見ると、クレアチニンクリアランス49~30mL/分では1000mg 12時間おき、記載されています。

減量が必要と判断、処方医への疑義照会でバルトレックスが減量となった

Aさんの場合も減量が必要と判断した為、処方元の医院に照会しました。

照会後、バルトレックス錠500mg 4錠 分2 朝夕食後に変更となりました。

バルトレックスを減量することで、アシクロビル脳症のリスクを低減出来たと思います。

減量がスムーズに出来たのは、普段から良好なコミュニケーションがあったから

Aさんのバルトレックスの減量は、教科書に書かれているようにスムーズに行えました。

これは、薬局で普段から良好なコミュニケーションがあって、血液検査の結果や、身長・体重と言った基本情報が分かっていたからです。

薬物療法のリスクを最小に、効果を最大にするのが薬剤師の仕事

この記事を読まれた方は、処方箋が常に万全ではなく、時に修正が必要なこと、その判断には血液検査の結果や体格が重要なことを分かって頂けたと思います。

薬剤師は、薬を飲む方にベストな薬物療法を提供するのが仕事です。

その為に検査値や体格の情報が必要です。

お薬手帳に検査値などを貼って、有効活用しましょう

安全に効果的に薬を飲むために、お勧めするのはお薬手帳の活用です。

病院でもらった検査値の紙は、お薬手帳に貼っておきましょう。身長や体重も、お薬手帳に記入しておきましょう。

関連記事です✏
薬局はあなたの毎日を守る小さな小さな最後の砦(「アンサング・シンデレラ」単行本帯より)

アンサングシンデレラ「近くて遠い目の前」でも取り上げられた、ハチ毒アナフィラキシーの救命とβ遮断薬の関係

薬剤師の仕事に興味を持ったあなたに、全力でお勧めのコミックがあります‼☺

購入は⬇から。もちろん送料は無料です📚✨


⬇腎機能に応じた減量の仕方が分かった、と思って下さったあなた、バナークリックをお願いします✨

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

自分だけ知ってるのはもったいないと思って下さったあなた、⬇のSNSボタンでシェアをお願いします😉

自分の腎機能がどの程度なのか知っていると、より安全に薬が飲めると言う話😉

こんにちは👋😃アロマ薬剤師🌿ゆき🌿です。

今日からGW10連休の始まりですね☺わたしは今日は親子遠足でした✨帰ってからブログを更新しています📱✨

さて、今日は自分の腎機能がどの程度なのか知っていると、より安全に薬が飲めると言う話です✨

簡単に言うと、薬の中には腎臓から尿に排泄されるものがあるので、腎機能が下がっている人は、飲む量を加減しないと副作用が出やすくなるのです😩

順に、もう少し詳しく説明して行きますね☺

薬が体から排泄されるのは、二つの経路があります。肝臓から便に排泄されるルートと、腎臓から尿に排泄されるルートです。

そして、肝機能はあまり年齢に左右されないのですが、腎機能は、年齢と共に低下していきます。おおざっぱに腎機能は20歳を過ぎると1歳ごとに1%低下します。70歳になると、なんと半分の50%まで低下するのです😲

腎機能が低下すると、何が起きるのでしょう?

答えは、薬の排泄に時間がかかるようになります。ペットボトルに水100ccを入れて、底に穴をあけるのを想像して下さい。穴が大きければ、早く水がなくなります。

穴が小さければ、水がなくなるまで時間がかかります。さらに、水がなくなる前に、100ccをつぎ足すことを何度か繰り返すと、水面は少しずつ高くなります。

これと同じ事が、体の中でも起こります。腎機能の低下している人が、腎機能の正常な人と同じように薬を飲むと、体の中の薬の量が、少しずつ増えて行きます。これが原因で副作用が起きるのです😩

薬は、排泄パターンで三つのグループに分ける事が出来ます。肝臓と腎臓の両方で排泄されるグループ、主に肝臓から排泄されるグループ、主に腎臓から排泄されるグループです。

腎機能の低下した人が、主に腎臓から排泄される薬に注意が必要と分かって頂けると思います☺

例えばリリカは坐骨神経痛などに使う薬です。整形外科から処方されることが多いです。リリカは、ほぼ100%腎臓から排泄されます。

腎機能の低下した人が、腎機能正常な人と同じように飲むと、体内の薬の濃度が高くなって、めまいやふらつきを起こし、転倒してしまうかも知れません😩

腎機能が分かっていれば、適正な量に減量して飲むことが出来ます☺✨

腎機能なんて分からない、と言うでしょうか。血液検査で血清クレアチニンと言う数値と、身長、体重の三つが分かれば、腎機能は分かります😉👍✨

血液検査したときは、結果の紙をお薬手帳に貼っておきましょう✨

いかがでしたか☺
ゆきでした✨

薬剤師の仕事に興味を持ったあなたに、全力でお勧めのコミックがあります‼☺

購入は⬇から。もちろん送料は無料です📚✨


⬇腎機能って大切なんだ、と思って下さったあなた、バナークリックをお願いします✨

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

自分だけ知ってるのはもったいないと思って下さったあなた、⬇のSNSボタンでシェアをお願いします😉

腎機能の3つの指標、日本推算eGFR、日本推算CLcr、欧米推算CLcrの関係についてまとめてみました。

こんにちは👋😃アロマ薬剤師🌿ゆき🌿です✨

みなさんは腎機能が大事な検査値と思いませんか?時には用量用量を左右することもあります。

でも、分かりにくいです😅わたしも同じです。今日はわたしが腎機能について勉強したことをまとめてみました✨

まず、腎機能のゴールドスタンダードはイヌリンクリアランスです。

イヌリンクリアランスCin=GFRです。一方、クレアチニンは尿細管分泌があり、CLcrはGFRより20~30%高くなります。

eGFR=0.715x実測CLcr

ここで、3つの腎機能の指標を概観しましょう。

日本推算eGFR(eGFRcreat):日本人母集団から作成された。血清クレアチニンは酵素法で測定。処方箋等に記載されている。

日本推算CLcr:Cockcroft-Gault式。血清クレアチニンはHPLC測定と相関の高い酵素法で測定。処方箋等に記載されている。

欧米推算CLcr:Cockcroft-Gault式。血清クレアチニンはJaffe反応を応用したJaffe法で測定。血清中のピルビン酸やアスコルビン酸とも反応する為、酵素法より+0.2(20~30%)程度、高値となる。添付文書等に記載されている。

日本推算eGFRcreat=日本推算CLcr x0.789が示されています1)。

1)Revised equations for estimated GFR from serum creatinine in Japan. Am J Kidney Dis. 2009 Jun;53(6):982-92. doi: 10.1053/j.ajkd.2008.12.034. Epub 2009 Apr 1.

欧米推算CLcr=日本推算CLcr/(1.2~1.3)となります。

Cockcroft-Gault式を用いた推算CLcrは次の式によります。式を見れば、日本の酵素法によるScrが欧米のJaffe法によるScrより20~30%高いため、上の関係が成り立つことが分かります。

Clcr=((140-Age)xBW)/(72xScr)

欧米推算CLcrは、日本推算CLcrより20~30%低い。推算CLcrはクレアチニンが尿細管分泌されるためGFRより20~30%高い。

この2つが相殺されて、次のように近似されることが分かります。

欧米推算CLcr≒GFR≒日本推算eGFRcreat

ただし体表面積が1.73m^2から大きく外れる場合は、日本推算eGFRcreatは xデュボア式体表面積/1.73で個別eGFRcreatを求める必要があります。

エキスパートが教える薬物動態 じほう


⬇腎機能の指標に種類があったんだ、と思って下さったあなた、バナークリックをお願いします✨

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

自分だけ知ってるのはもったいないと思って下さったあなた、⬇のSNSボタンでシェアをお願いします😉

処方せん記載のクレアチニンクリアランスは60.6mL/minで一見減量が必要になように見えますが、本当にそうでしょうか。

こんばんは🌙😃❗アロマ薬剤師🌿ゆき🌿です。今夜は腎機能の話をします✨

74歳女性、体重43kgの方に、次のような処方箋が来ました。

ダビガトランカプセル75mg 4カプセル 分2 朝夕食後

処方せんに検査値が記載されていました。

血清クレアチニン0.65、クレアチニンクリアランス60.6mL/min。

処方せん記載のクレアチニンクリアランスは60.6mL/minで一見減量が必要ないように見えますが、本当にそうでしょうか。

①血清クレアチニンの測定方法が添付文書はJaffe法であるが、国内では酵素法による測定である。

②女性の係数である0.85を乗じてないように思われる。

わたしは、この2点に懸念が残りました。

酵素法によるクレアチニンクリアランス(CCrEnz)=60.6mL/min(非女性)は、Jaffe法の女性では幾つになるか、計算してみましょう。

Jaffe法は、試薬のアルカリ性ピクリン酸のJaffe反応を応用した検査法です。血清中のクレアチニン以外にピルビン酸等とも反応するため、精度の高い酵素法に比べて0.2程度数値が高くなります。

そこで、血清クレアチニン(酵素法)に0.2を加えてJaffe法に補正する事が慣例的に行われています。

Cockcroft-Gault式を用いてJaffe法によるクレアチニンクリアランス(CCrJaffe)を求めてみます。女性の係数0.85を乗じます。

Cockcroft-Gault式は、次になります。
CCr=((140-年齢)x体重)/72x血清クレアチニン

計算してみます。
CCrJaffe=0.85x((140-74)x43)/72x(0.65+0.2)=39mL/min

このように、クレアチニンクリアランスが大きく低下する結果になりました。

Jaffe法によるクレアチニンクリアランスの正常値は100mL/minですが、酵素法では120mL/min程度で、補正しないと腎機能を過大評価することになるのです。

添付文書では減量基準が以下のように記載されています。

ダビガトランエテキシラートとして1回150mgを1日2回経口投与する。なお、必要に応じて、ダビガトランエテキシラートとして1回110mgを1日2回投与へ減量する。

<用法・用量に関連する使用上の注意>
1.次の患者では、ダビガトランの血中濃度が上昇する恐れがあるため、本剤1回110mg1日2回投与を考慮し、慎重に投与する:1)中等度腎障害(クレアチニンクリアランス30-50mL/min)のある患者。

処方元の医療機関には、用量について疑義照会した方がよいケースだと思いました。

検査値が書いてあっても、吟味しなければミスリードしてしまいかねない、と言う好例と思いました。

参考:副作用を防ぐために知っておきたい腎機能の正しい把握法
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03212_02

エキスパートが教える薬物動態 じほう


⬇処方箋のクレアチニンクリアランスを鵜呑みしてはいけない場合があるんだ、と思って下さったあなた、バナークリックをお願いします✨

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

自分だけ知ってるのはもったいないと思って下さったあなた、⬇のSNSボタンでシェアをお願いします😉

日常目にする検査票の血清クレアチニン、クレアチニンクリアランス、eGFRを、添付文書のクレアチニンクリアランスと結びつける方法。

こんばんは🌙😃❗アロマ薬剤師🌿ゆき🌿です☺

思い付いてブログをもう1記事書いてます✨

腎機能に関する検査値で、日常目にするのは血清クレアチニン、クレアチニンクリアランス、eGFRのどれかと思います。

添付文書の腎機能に応じた用法用量は、クレアチニンクリアランスで書かれていることがほとんどと思います。

そこで、この二つを結びつける方法を書こうと思います✨

①血清クレアチニンが分かっている場合。
Cockcroft-Gault式を使ってクレアチニンクリアランスを計算します。

((140-年齢)×体重)/(72×血清クレアチニン)
女性の場合は0.85をかける。

ただし、日本の血清クレアチニンの測定方法は酵素法、欧米の測定方法はJaffe法と異なります。

添付文書のクレアチニンクリアランスはJaffe法による血清クレアチニンが使用されています。

そこで、酵素法による血清クレアチニンに0.2を加えてCockcroft-Gault式で計算して下さい。

②クレアチニンクリアランスが分かっている場合。
上述のように、日本と欧米で血清クレアチニンの測定方法が異なります。

酵素法で測定した血清クレアチニンを使用してCockcroft-Gault式で計算した場合、20~30%ほどクレアチニンクリアランスが高くなります。

従って、酵素法に基づくクレアチニンクリアランスに0.789をかけて下さい。

③eGFRが分かっている場合。
標準化eGFRが与えられています。1.73で割り、体表面積をかけて、個別eGFRを求めて下さい。

①~③の方法で求めたものは、添付文書に書かれているJaffe法に基づくクレアチニンクリアランスに近似出来ます。

いかがでしたか?
明日からの業務で活用出来そうですよね☺

ゆきでした。

参考文献
1)腎臓病に関するQ&A
http://www.pharm.kumamoto-u.ac.jp/Labs/clpharm/database/docs/qa02.pdf#search=%27Jaffe%E6%B3%95+%E6%8E%A1%E7%94%A8+%E5%9B%BD%27



ヒーリングビューティショップ | HBS

⬇参考になった、と思って下さったあなた、バナークリックをお願いします✨

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

自分だけ知ってるのはもったいないと思って下さったあなた、⬇のSNSボタンでシェアをお願いします😉

透析患者のLVFXの用法用量はCCr<20に準じる。過量投与は中枢性副作用を起こすばあがあり、注意が必要。

こんにちは。研修認定薬剤師の奥村です。まだまだ髪を切る順番が来ないので、更にブログ記事更新します。

透析患者に対するレボフロキサシン(LVFX)の用法用量は、添付文書には記載がありません。

第一三共のサイトを確認すると、透析中の用法用量は確立されていないが、米国ではクレアチニンクリアランス(CCr)<20に準じるとの情報がありました。

具体的には、初回のみローディングドース500mgを使用し、以降は48時間おきに250mgを使用します。

日本腎臓病薬物療法学会の「腎機能低下時に最も注意が必要な薬剤投与量一覧表」2018年1月24日改定31版にも、同様の用法用量が推奨されています。

CCr<20の腎機能高度低下患者に常用量を投与した場合、どうなるかを試算しました。

Guisti-hayton法より補正係数0.27であり、腎機能正常者(CCr≧80)と比較して、単回投与時のAUCが約4倍に上昇します。

また半減期が7.9時間から34時間に延長していることから、反復投与した場合、Ritschel理論より半減期の5倍の170時間、7日目に定常状態に達します。

最高血中濃度Css.maxは、蓄積率1/(1-exp(-0.693・24/34)=2.58より、単回投与時のおよそ2.6倍と推定されます。

一方、腎機能正常であればCss.maxは単回投与時の1.14倍と推定されます。

民医連HPの副作用モニター情報によると、腎機能の低下した高齢者に標準量のLVFXを投与して、認知症様の中枢神経系症状が生じた症例が報告されており、過量投与には注意が必要と考えられます。