ACS1スタディでは高齢者においてARBと長時間型Ca拮抗薬の利尿剤など併用のない比較が行われている。

ACS1スタディでは高齢者においてARBと長時間型Ca拮抗薬の利尿剤など併用のない比較が行われています1)。

I-II度の本態性高血圧患者において24時間血圧で評価した降圧はamlodipine群のほうがazilsartan群よりも大きく、高齢者で同群の降圧・血圧コントロールが良好でした。

以下、アブストラクトの機械翻訳を手直ししたものです。

「睡眠時血圧は部分的には食塩感受性と食塩摂取によって決まるが、高血圧症の重要な心血管リスクである。

しかし、アジア人におけるアンジオテンシンII受容体遮断薬とカルシウムチャネル遮断薬の、睡眠中の血圧低下効果の、年齢に関連する差異に関する研究はない。

ACS-1スタディは多施設、無作為化、オープンラベル、2並列群研究で、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(アジルサルタン20mg)またはカルシウムチャネル遮断薬(アムロジピン5mg)の、8週間の経口治療の有効性を比較するために行われた。

評価は睡眠血圧の血行動態モニタリングによってなされた。

全被験者において、アムロジピン治療はアジルサルタン治療よりも睡眠時血圧、覚醒時血圧、および覚醒時血圧が有意に大幅に低下した。

アムロジピンによる血圧低下は、60歳以上の高齢高血圧患者において特に顕著であった。

60歳以上のアムロジピン群では、アジルサルタン群と比較して睡眠時血圧のコントロール率が数値的には高かったが、有意ではなかった。

覚醒血圧および24時間血圧についても同様の結果が見られた。これらの結果は、アジルサルタンと比較してアムロジピンによる血圧低下/抑制がより大きく、アムロジピンによる血圧の減少/制御も高齢者集団においてより有効であることを示唆している。

米国高血圧学会/国際高血圧学会、年齢別治療差別化のための国立衛生・臨床優良研究所ガイドラインで推奨されているように、アムロジピンは高齢者の治療開始の選択肢の1つでなければならない。」

1)kario K, et al.

Age-related difference in the sleep pressure-lowering effect between an angiotensin II receptor blocker and a calcium channel blocker in Asian hypertensives: the ACS1 Study.

Hypertension. 2015 Apr;65(4):729-35.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です