重症の鬱血性心不全患者へのエナラプリル投与はプラセボと比較して全死亡と心不全の進行を抑制した。

心不全に対するACE阻害薬の効果を検討したランドマークスタディ論文の紹介です。

重症の鬱血性心不全患者へのエナラプリル投与はプラセボと比較して全死亡と心不全の進行を抑制しました。

全死亡の相対リスク減少は27%、心突然死は増減させませんでした1)。

以下、論文アブストラクトの機械翻訳を掲載します。

「重度のうっ血性心不全の予後(ニューヨーク心臓協会[NYHA] functional class IV)に対するアンギオテンシン変換酵素阻害薬エナラプリル(1日2.5〜40mg)の影響を評価するために、253例の患者を無作為に2倍プラセボ(n = 126)またはエナラプリル(n = 127)のいずれかを受ける盲検試験。

他の血管拡張薬の使用を含む従来の心不全治療は、両方の群において継続された。

追跡期間は平均188日(範囲、1日から20ヶ月)であった。

6ヵ月後の原発死亡率(エナラプリル群では26%、プラセボ群では44%)は40%減少した(P = 0.002)。

死亡率は1年間で31%減少した(P = 0.001)。

この試験の終了時までに、プラセボ群で68人、エナラプリル群で50人が死亡し、27%の減少(P = 0.003)があった。

総死亡率の全体的な減少は、進行性心不全患者(50%の減少)の間にあることが判明したが、突然の心臓死の発生率に差は見られなかった。

エナラプリル群では、NYHA分類の有意な改善が観察され、心臓のサイズが縮小し、心不全のための他の薬剤の必要性が減少した。

全体的な離脱率は両群で同等であったが、エナラプリル群では7人の患者、プラセボ群では患者では退薬を必要とする低血圧症が発生した。

エナラプリルの初回用量が高リスク患者で毎日2.5mgに減少した後、この副作用はより少なくなった。

我々は、重度のうっ血性心不全患者の従来の治療法にエナラプリルを添加すると、死亡率を低下させ、症状を改善することができると結論付けている。

死亡率に対する有益な効果は、心不全の進行による死亡の減少によるものである。」

1)Effects of enalapril on mortality in severe congestive heart failure. Results of the Cooperative North Scandinavian Enalapril Survival Study (CONSENSUS). The CONSENSUS Trial Study Group. 

N Engl J Med. 1987 Jun 4;316(23):1429-35. PMID: 2883575

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です