顔面神経麻痺で、難聴・めまい・耳鳴りが伴い、耳や口のなかに帯状疱疹がある場合は、すぐに病院を受診しましょう!

こんばんは🌙😃❗アロマ薬剤師🌿ゆき🌿です。今日の夕御飯はほっともっとです☺出来上がりまでの時間にブログを更新しています✨

さて、今日は総合病院の耳鼻咽喉科から、こんな処方箋が来ました。

バラシクロビル 500mg 6錠 分3
プレドニゾロン 5mg   6錠 分3
メコバラミン500mg    3錠 分3
カリジノゲナーゼ10mg  3錠 分3   2日分
ロキソプロフェン60mg   1錠 疼痛時 6回分

なんだろう?突発性難聴と帯状疱疹?😥と思いながら、カウンターに行きました。主訴は、顔面神経麻痺だそうです😓

患者様がお帰りになってから、「顔面神経麻痺 バルトレックス」で検索🔎出ました。

「顔面神経麻痺の診断と治療」そのものズバリです。読み進み、処方箋を解析しました。結果…

①バラシクロビル3,000mg/日の用量からRamsay Hunt症候群と思われる。7日間が標準治療。

②プレドニゾロン30mg/日(0.5mg/kg/日)の用量からスコア20/40点以上の軽症例と思われる。10日間で漸減終了。

③ビタミンB12、ATP製剤、循環改善薬は麻痺が改善するまで最長6ヶ月投与。

Ramsay Hunt症候群とは、顔面神経麻痺の他、難聴・めまい・耳鳴りが随伴し、耳介や口腔内の帯状疱疹がある場合に診断される。顔面神経麻痺の原因の15%を占める。Bell麻痺より重症化しやすい。早期治療が必要。

なるほど👀知識が一繋がりになりました。初期治療が大事なようです。発症から7日以内でないと、この治療は奏功しません。

この知識をシェアしたくて、ブログを書きました。みなさんの周りで、この病気を疑う方がいらっしゃる時は、すぐに受診を勧めて下さい!

参考:顔面神経麻痺の診断と治療 JSTAGE



⬇参考になった、と思って下さったあなた、バナークリックをお願いします✨

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

自分だけ知ってるのはもったいないと思って下さったあなた、⬇のSNSボタンでシェアをお願いします😉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です