子どもの薬や病気の記事をまとめました。

子どもの薬や病気の記事をまとめました。

尿路感染症の確率計算機、溶連菌関連の記事、アデノウィルスを否定された眼症状の目薬、CRPのカットオフ値について書いています。

溶連菌の際の抗生物質が腎炎を予防しないのは、意外と知られていない事柄と思います。医療者も誤解していることがあります。

合併症を起こす耐性菌株が増加しているのが確かなら、由々しき問題です。政府の掲げるAMR対策は、本腰を入れて取り組む必要を感じます。

UTI Calculator :小児の尿路感染症の可能性を計算する計算機を紹介します。

溶連菌で抗生物質を飲んでも感染後腎症を予防しないと聞きましたが、本当ですか?

病原性の高いA 群溶血性レンサ球菌の増加が数年の内に観察された。著者は抗生物質の繁用の影響があるのではないかと考察。

子どもが目やにと充血で小児科を受診して、アデノウィルスではないと言われて目薬が出たけど、治るの?

生後1ヶ月から36ヵ月の39℃以上の発熱があり、身体所見で熱源が分からなかった幼児を対象に、CRPのカットオフ値が検討されている。

参考になった、と思って下さったあなた、バナークリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です