医療経済の記事をまとめました。

医療経済の記事をまとめました。

医療保険の財政は、非常に厳しい状態です。保険料だけでは賄う事が出来ていません。

市販薬と類似薬を処方された場合に、1~3
割負担にプラスして定額負担をする事が議論されているそうです。

わたしたちもコスト意識を持つ事が避けられなくなるでしょう。

風邪で病院に行く人、病院に行かない人、コストはどれくらい違う?

日本で年間にインフルエンザの迅速検査で必要な検査料の予算の概算はいくら?

昨シーズンに消費した抗インフルエンザ薬は厚労省によれば、のべ1,397万人分。どれくらいの薬代になるのでしょう?

ZOZO前澤社長の100万円で何人のインフルエンザ患者が治療出来ますか?限られた医療資源をどう分配すれば良いのでしょう?

低リスクの人が薬を飲んだ場合、コレステロールは下がるけれど心筋梗塞が減るかどうかは分からないと言うのは本当ですか?

主治医からは飲むようにと言われているコレステロールの薬を、検診では医療費の無駄だから飲むには及ばないと言われたのですが。

参考になった、と思って下さったあなた、バナークリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です