バルトレックスは腎機能に応じて減量が必要ですが、個別eGFRを、添付文書のクレアチニンクリアランスに読み替えればOKと言う話✏

こんにちは👋😃アロマ薬剤師🌿ゆき🌿です。

先日、帯状疱疹で92歳の女性Aさん(仮)にバルトレックス錠500mg 6錠 分3 毎食後が処方されました。

体格は、身長140cm、体重40kgと小柄です。体表面積は1.24m2です。

血液検査の結果をスキャンしたものが電子薬歴にありましたので、Aさんの腎機能が確認出来ました。

標準化eGFR47mL/分/1.73m2、体表面積の補正を外すと、個別eGFR34mL/分でした。

個別eGFRは添付文書のクレアチニンクリアランスに近似するので、読み替えることが出来ます。

バルトレックスの添付文書を見ると、クレアチニンクリアランス49~30mL/分では1000mg 12時間おき、記載されています。

Aさんの場合も減量が必要と判断した為、処方元の医院に照会しました。

照会後、バルトレックス錠500mg 4錠 分2 朝夕食後に変更となりました。

バルトレックスを減量することで、アシクロビル脳症のリスクを低減出来たと思います。

日頃からの勉強が、いざと言う時に役に立って嬉しく思いました。

薬剤師の仕事に興味を持ったあなたに、全力でお勧めのコミックがあります‼☺

購入は⬇から。もちろん送料は無料です📚✨


⬇腎機能に応じた減量の仕方が分かった、と思って下さったあなた、バナークリックをお願いします✨

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

自分だけ知ってるのはもったいないと思って下さったあなた、⬇のSNSボタンでシェアをお願いします😉

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です