アテノロールの動態の変動要因は、消化管吸収率と腎排泄能と理論的に推察されますが、臨床論文からも裏打ちされます。



こんにちは。研修認定薬剤師の奥村です。まだ髪を切る番が来ないので、更にブログを更新します。

アテノロールは腎排泄型で、吸収された薬物の94%は未変化体のまま腎から排泄されます。腎抽出率ER<0.35であり、消失能依存性、すなわち律速段階は腎の排泄能です。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA