とびひの抗生物質が鉄剤と飲み合わせが悪いと聞きました。何時間あけて飲んだら良いですか?

こんにちは。研修認定薬剤師の奥村です。最近は病気の流行が時期を選ばなくなった印象があります。

例えば、とびひは夏の病気のイメージがありましたが、最近は冬でもとびひになったお子さんを連れたお母さんが、薬局にいらっしゃる事があります。

塗り薬の他、飲み薬の抗生物質が処方になることも少なくないです。セフジニルと言う抗生物質が処方される機会が多いと思います。

第三世代のセフェム系抗生物質ですが、とびひの原因になる黄色ブドウ球菌や化膿連鎖球菌に効果が高いとされています。セフジニルは飲み合わせに注意が必要なものがある薬です。鉄分とお腹のなかでくっついて、吸収がわるくなるのです1)。

貧血で鉄剤のインクレミンシロップなどを飲んでいる場合は、どうしたら良いでしょうか?

メーカーサイトを確認すると、鉄剤の服用が必要な場合は、鉄剤を3時間ずらして服用することを推奨していました2)。

抗生物質を食後に、鉄剤を食間に飲むことで対応出来そうです。もしくは、抗生物質はおそらく数日の服用で終了するので、その間だけ鉄剤をお休みすることも方法のひとつかなと思います。

1)セフジニル200mgと鉄剤2錠を同時に服用した場合、血中濃度の指標のひとつであるAUCが1/10以下になったと言う報告があります。

Impairment of cefdinir absorption by iron ion. Clin Pharmacol Ther. 1993 Nov;54(5):473-5. PMID:8222489

2)セフゾンの製品Q&A https://amn.astellas.jp/jp/di/qa/cfn/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です