UTI Calculator :小児の尿路感染症の可能性を計算する計算機を紹介します。

UTI Calculatorを紹介します。小児の尿路感染症の可能性を計算する計算機です。次のURLから使用出来ます。

https://uticalc.pitt.edu/

関連する論文も掲載しておきます1)。

1)Development and Validation of a Calculator for Estimating the Probability of Urinary Tract Infection in Young Febrile Children

https://jamanetwork.com/journals/jamapediatrics/fullarticle/2677897

以下、アブストラクトの機械翻訳です。

「要約
重要性発熱性前庭児における尿路感染(UTI)の確率を正確に推定することは、試験と治療を適切に目標とするために必要です。

目的:臨床的変数に基づいてUTIの確率を最初に推定し、その結果を実験室の結果に基づいて更新することができる計算機(UTICalc)を開発し、テストすること。

設計、設定、参加者:ペンシルベニア州ピッツバーグのピッツバーグ小児病院の救急部に運ばれた2〜23ヶ月の発熱性小児の電子カルテのレビュー。 2007年1月1日〜2013年4月30日の間に救急部に運ばれた1686人の患者を含む独立した訓練データベースと、384人の患者の検証データベースが作成された。 UTIの、スクを予測するための5つの多変数ロジスティック回帰モデルを訓練し、テストした。臨床モデルは臨床的変数のみを含んだ。残りのモデルは実験結果を組み込んだ。データ分析は、2013年6月18日から2018年1月12日まで実施されました。 曝露2カ月以上2年未満の小児では、38℃以上の温度が記録されています。

主な成果と措置:培養で確認されたUTIを主要な成果とすることで、各モデルの高いUTIリスクと低いUTIリスクのカットオフが特定された。得られたモデルは、医療記録を評価するために使用された計算ツールUTICalcに組み込まれた。

結果:この研究には合計2070人の子供が含まれていました。トレーニングデータベースは1,686人の子供で構成され、うち1216人(72.1%)が女性で1167人(69.2%)が白人であった。検証データベースは384人の子供で構成され、うち291人(75.8%)が女性で200人(52.1%)が白人であった。米国小児科学会のアルゴリズムと比較して、UTICalcの臨床モデルは、試験を8.1%(95%CI、4.2%-12.0%)減少させ、3例から無かったUTIの数を減少させた。白血球エステラーゼ試験結果が1+以上のすべての小児を経験的に治療することと比較して、UTICalcのディップスティックモデルは治療遅延の数を10.6%減少させた(95%CI、0.9%-20.4%)。

結論と妥当性:UTICalcは、個々の子供に存在する危険因子を評価することによって、UTIの確率を推定する。結果として、検査と治療を調整することができ、それによってUTIの子供の転帰を改善することができます。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です