薬局薬剤師が標準化eGFRと個別eGFRの違いを理解すると、腎排泄型で安全閾が狭い薬のアセスメント能力がアップします💪

こんにちは👋😃アロマ薬剤師🌿ゆき🌿です☺

わたしは先日、ツィッターで、あるアンケートをとってみました。腎機能の指標であるeGFRについてです😃

みなさんも、血液検査の結果で目にする機会があると思います。その知識がどれくらい普及しているのか興味があって、みなさまにご協力をお願いしたのです☺

2019年3月8日から3日間アンケートを行いました。インプレッションは1,617でした。投票は175でした。わたしのフォロワーさまは511名で、9割は医療関係、その殆どが薬局薬剤師です😃

質問は、このようなものでした。
「あなたが腎排泄型の薬剤の投与量を考える時に参考にするのは?」
薬局あるあるのシチュエーションですね☺

回答の選択肢と、結果は、次のようなものでした。
「標準化eGFR 16%」
「個別eGFR 47%」
「2つの違いが分からない 37%」

あれ?eGFRに種類がありますねー。標準化、個別って何でしょう?違いがよく分からない方も多いです。

わたしが分かっている範囲で、知識をシェアしましょう😉

まず、標準化eGFR、単位はmL/min/1.73m2です。単位を見て、ピンときたあなたは鋭いです。そう、これは1.73m2と言う体表面積で、標準化されています。

ですから、標準化eGFRは投与量を考えるためのものではなく、慢性腎臓病(CKD)の病期を考えるためのものです。

次に個別eGFR、単位はmL/minです。え?クレアチニンクリアランスの単位と同じ?鋭いです。こちらが投与量を考えるためのものです。

検査結果は標準化eGFRで書かれているので、1.73で割って、患者さんの体表面積(アプリで計算できます✨)をかけて導き出して下さい。

添付文書に書かれている、海外データのクレアチニンクリアランスは、個別eGFRで近似できます😊

例えば、高齢者にバルトレックスが処方された場合、腎機能に応じて適切に減量できれば、アシクロビル脳症のリスクを低減できます☺

いかがでしたか😃わたしたちひとりひとりの力で、薬物療法の質の底上げをしましょう💪✨



⬇参考になった、と思って下さったあなた、バナークリックをお願いします✨

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

自分だけ知ってるのはもったいないと思って下さったあなた、⬇のSNSボタンでシェアをお願いします😉

インフルエンザの検査が陰性でもタミフルを処方されたけれど、本当にインフルエンザ?検査が間違う事ってある?

こんにちは。研修認定薬剤師の奥村です。今日はインフルエンザ迅速検査についての話です。皆さんはインフルエンザを疑って病院にかかった時、鼻をぐりぐりして検体を取って検査を受けた事があると思います。あの検査は、どれくらい正確なのでしょうか?
 
複数の迅速検査キットを検討したメタ分析によれば、インフルエンザ検査キットの検査特性は、感度62.3%、特異度98.2%との報告があります。除外診断よりも確定診断に適した検査であることが分かります。言い換えれば、インフルエンザであることを証明するのは得意な検査ですが、インフルエンザでない事を証明するのは苦手な検査と言えます。

実例を挙げて、もう少し詳しく見て見ましょう。インフルエンザ流行期に38度の熱と咳嗽があれば、79%の確率でインフルエンザと言う疫学調査の報告があります。これを検査前確率として検査前オッズに変換すると、3.76です。

検査陽性の場合、陽性尤度比LR+は34.6です。これを検査前オッズに掛けると130.1、確率に変換すると、検査後確率は99.2%となります。すなわち、99%インフルエンザと解釈されます。

一方、検査陰性の場合の検査後オッズは、陰性尤度比LR-の0.384を検査前オッズに掛けると1.44、確率に変換すると、この時の検査後確率59%です。つまり、迅速検査が陰性でも、インフルエンザである確率が実に59%もあるので、たとえインフルエンザと診断されなくても、マスク・手洗・うがいなど、周囲への感染対策を怠らない事が必要です。医師によっては再度受診となってしまう負担を考えて、事前確率が十分高ければ検査しないでタミフル等のノイラミニダーゼ阻害薬を処方される事もあるでしょう。

検査が単純なものではなく、医学知識や統計学的な知識を駆使して解釈されていることが、お分かり頂けると思います。 問診や身体所見、周囲の流行状況を考えて検査前確率を推定する事、ベイズ統計学的な検査の解釈、また正確な手技も必要です。

こうした理由から、インフルエンザの検査は、A/B型インフルエンザ抗原(1470円)と免疫学的検査判断料(1440円)の二つの料金から成り立っています。

いかがだったでしょうか。ご家族の健康を守るためのご参考にして頂けると幸いです。
そして、病気のお子さんのいらっしゃるお母さんは、お大事になさって下さい。

インフルエンザの迅速検査が陰性でも、タミフルを処方されることはありますか?

こんにちは。今年は既にインフルエンザで学級閉鎖があったと言うニュースを聞きましたので、今日はインフルエンザ迅速検査についての話です。皆さんはインフルエンザを疑って病院にかかった時、鼻をぐりぐりして検体を取って検査を受けた事があると思います。あの検査は、どれくらい正確なのでしょうか?
 
複数の迅速検査キットを検討したメタ分析によれば、インフルエンザ検査キットの検査特性は、感度62.3%、特異度98.2%との報告があります。除外診断よりも確定診断に適した検査であることが分かります。言い換えれば、インフルエンザであることを証明するのは得意な検査ですが、インフルエンザでない事を証明するのは苦手な検査と言えます。

実例を挙げて、もう少し詳しく見て見ましょう。インフルエンザ流行期に38度の熱と咳嗽があれば、79%の確率でインフルエンザと言う疫学調査の報告があります。これを検査前確率として検査前オッズに変換すると、3.76です。

検査陽性の場合、陽性尤度比LR+は34.6です。これを検査前オッズに掛けると130.1、確率に変換すると、検査後確率は99.2%となります。すなわち、99%インフルエンザと解釈されます。
一方、検査陰性の場合の検査後オッズは、陰性尤度比LR-の0.384を検査前オッズに掛けると1.44、確率に変換すると、この時の検査後確率59%です。つまり、迅速検査が陰性でも、インフルエンザである確率が実に59%もあるので、たとえインフルエンザと診断されなくても、マスク・手洗・うがいなど、周囲への感染対策を怠らない事が必要です。医師によっては再度受診となってしまう負担を考えて、事前確率が十分高ければ検査しないでタミフル等のノイラミニダーゼ阻害薬を処方される事もあるでしょう。

検査が単純なものではなく、医学知識や統計学的な知識を駆使して解釈されていることが、お分かり頂けると思います。 問診や身体所見、周囲の流行状況を考えて検査前確率を推定する事、ベイズ統計学的な検査の解釈、また正確な手技も必要です。

こうした理由から、インフルエンザの検査は、A/B型インフルエンザ抗原(1470円)と免疫学的検査判断料(1440円)の二つの料金から成り立っています。

いかがだったでしょうか。ご家族の健康を守るためのご参考にして頂けると幸いです。
そして、病気のお子さんのいらっしゃるお母さんは、お大事になさって下さい。