風邪はタイレノールで十分?風邪で病院に行く人、病院に行かない人、コストはどれくらい違う?



風邪はタイレノールで十分?風邪で病院に行く人、病院に行かない人、コストはどれくらい違う?

みなさんは風邪にかかった時どうしますか?市販薬を飲む?それとも病院に行く?今日は風邪にかかった時の医療費の話をします。やや耳に痛い話かも知れませんが、ご容赦下さい。

実は、風邪に特効薬はないんです。水分を摂り、体を温めて休息することで、自然に治るのを待つことしか出来ません。

日本で処方される咳止めや鼻水鼻づまりの薬もエビデンスに乏しく、気休め程度の効果しかありません1)。唯一効果が期待出来るのは、解熱鎮痛剤で、最も安全な薬はアセトアミノフェン(商品名カロナール、タイレノールA)です。

では、風邪でアセトアミノフェンが欲しい場合、病院にかかるのと、薬局で市販薬を買うのと、それぞれ、どれくらいのコストがかかるのでしょう?アセトアミノフェン300mgを10錠手に入れるために、どのくらいの金額が必要になるでしょうか。

まず、診療所を受診して、薬局で処方せん薬をもらう場合です。カロナール錠300mg、10錠を処方してもらうとします。

診療所では、初診料2,820円、処方せん料680円、一般名処方加算20円で合計3,520円です。薬局では調剤基本料590円、調剤料210円、薬学管理料530円、薬剤料90円で合計1,420円です。

合わせて4,940円。自己負担は1割で490円、3割で1,480円ですが、健康保険料と税金から残りの金額が支払われています。

次に薬局やドラッグストアで市販薬を買う場合です。2類医薬品(薬剤師でなく、登録販売者でも販売出来る薬です。)タイレノールA (アセトアミノフェン300mg)10錠で、791円です。

実に4,149円の差額です。市販薬は手軽に購入したり、常備薬として家に備えておくことが出来ますが、診療所を受診しようと思えば、仕事を休んだり、診療所の待合室で他の病気に感染するリスクなども考えなければいけません。

2017年の民間機関の調査で、日本で成人(15~79歳)が風邪にかかる回数は年間のべ1億3,950万回と推計され、その13.3%が医療機関を受診するとしています。すべての受診機会でカロナール錠300mg10錠が処方されるとすれば、その際のコストは916億5429万円と推計されます。

近年残薬のコストが注目されていますが、2007年に日本薬剤師会が行った調査では、75歳以上の在宅患者の残薬は年間475億円でした。実にその2倍近い金額が、風邪の際の医療費として消費されています。これは現在の日本において、社会的に許容できるコストと考えにくくなっているのではないでしょうか。

風邪に隠れた重病を一般の人は分からないと思いますか?国は、健康サポート薬局という制度の整備を進めています。研修を受けて認定された薬剤師が、薬局でトリアージを行うシステムです。受診が必要と判断すれば、薬の販売は行わず病院への受診を勧める仕組みです。

わたしも、健康サポート薬局の薬剤師の認定を受けています。相談は無料ですので、ぜひ薬局をご利用下さい。

癌の治療など、高額医療の恩恵を被れる、世界の羨む皆保険制度を維持出来るように、わたしたちひとりひとりの行動が試されていると思います。

参考文献
1)かぜとかぜにみえる重症疾患の見分け方 かぜ診療マニュアル 山本舜悟編著 日本医事新報社 2013年

薬剤師の仕事に興味を持ったあなたに、全力でお勧めのコミックがあります‼☺

購入は⬇から。もちろん送料は無料です📚✨


タイレノールは通販でも購入可能です。

スポンサーリンク


参考になった、と思って下さったあなた、バナークリック⬇️をお願いします✨

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

SNSボタン⬇️でシェアをお願いします😉✨



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です