適度な塩分摂取制限は、血圧をー5mmHg程度低下させる効果がある。

適度にナトリウムを制限すると、高血圧患者の収縮期血圧を4.9mmHg、拡張期血圧を2.6mmHg減少させることが、無作為化臨床試験のpooled analysisで明らかにされています1)。

この知見は、観察的疫学研究の結果と非常に一致しており、血圧管理の予防戦略にも意味がある、と論文で結ばれています。

以下、論文のアブストラクトの機械翻訳です。

「収縮期血圧および拡張期血圧に及ぼす影響を試験し、その大きさの正確な推定値を提供するために、我々はヒト被験者におけるナトリウムの摂取量を減らすことを目的としたランダム化臨床試験の概要を実施した。

私たちは、混乱した設計、人口の通常の範囲を超えた摂取量を比較したもの、および公表されていない報告をしたものをプールした分析試験から除外しました。

2人の査読者が情報を二重に抽出し、相違点を調整しました。 1,536人の被験者の集計からの結果データを有する23件の試験が含まれていた。データは、高血圧と正常血圧の被験者と、すべての試験を合わせて別々にプールした。

サンプルサイズの重み付けを用いた場合、高血圧患者では4.9±1.3 / 2.6 +/- 0.8mmHg(収縮期および拡張期、95%信頼限界) – 正常血圧の被験者では1.0 / 1.0 +/- 0.7mmHg。合併した血圧低下は、2.9±0.8 / 1.6 +/- 0.5mmHgであった。

これらの変化は、個々の試験で尿中ナトリウム排出量の平均減少が16〜171mmol / 24hrに及ぶことと関連していた。正常血圧および高血圧の被験者の両方において、試験間の用量反応関係が見出された。

これらの結果は、ナトリウムの減少が、高血圧および正常血圧の両方の個人において、少なくとも数ヶ月間平均血圧を低下させることを示している。この知見は、観察的疫学研究の結果と非常に一致しており、血圧管理の予防戦略にも意味がある。」

1)An overview of randomized trials of sodium reduction and blood pressure. PMID: 1987008

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です