適度な塩分摂取制限は、血圧をー5mmHg程度低下させる効果がある。



適度にナトリウムを制限すると、高血圧患者の収縮期血圧を4.9mmHg、拡張期血圧を2.6mmHg減少させることが、無作為化臨床試験のpooled analysisで明らかにされています1)。

この知見は、観察的疫学研究の結果と非常に一致しており、血圧管理の予防戦略にも意味がある、と論文で結ばれています。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA