子供が下痢で脱水症状を起こしていると言われたら。お勧めの飲み物は、やっぱりOS-1?どうやって飲ませれば良い?

小児急性胃腸炎患者への経口補水療法(ORT)についてまとめました。

・ORTには補水相(下痢・嘔吐により喪失し、現在不足している水分と電解質を補充する)と維持相(下痢・嘔吐の持続により喪失して行く水分と電解質を補充する)の2相が含まれます。

・経口補水液は、Na濃度60~70nmol/L、208~270mOsm/Lの低浸透圧ORS(oral rehydration solution)が適しています。欧米の勧告レベルに合致するORSは、国内で入手出来るのはOS-1、ソリターT配合顆粒2号のみです。

・初期治療として、不足している水分と同量のORS(50~100mL/kg)を3~4時間かけて補正することが推奨されます。ティースプーン1杯もしくは5mLをスポイトなどで少量づつ投与し、徐々に増やして行きます。2歳以下では1~2分毎、嘔吐があれば5~10分待って、再度もっとゆっくりと、2~3分毎に与えます。

・経口補水液を嫌がる場合は、重湯を1/2に希釈して、100mL当たり0.3~0.4gの塩で味付けすると、ORSに近い組成となります。重湯・お粥は下痢の回数を減少させると言う報告があります。その他、味噌汁の上澄みを1/2~1/3に希釈することで、Na濃度はORSに近くなります。

・脱水を起こしていない、あるいは軽度に留まっている急性胃腸炎疾患児であれば、脱水予防が主な目的となるため、水分摂取は必ずしもORSに固執しなくとも良いです。ただし、炭酸飲料・市販の果実ジュース・甘いお茶・コーヒーなどは避けましょう。脱水を起こしている場合は、必ずORSを用いて下さい。

・母乳栄養は継続してよいです。ORSによる脱水補正中でも、母乳を併用した方が重脱水が少ないと言うエビデンスがあります。

・ORTによって脱水が補正されれば、ミルクや食事は早期に開始してよいです。内容は年齢に応じた通常の食事でよいです。

・ORTで脱水症状が改善した後に開始するミルクは希釈しません。希釈しても治癒までの経過に利点はありません。

・エビデンスは十分でありませんが、高脂肪の食事や糖分の多い飲料は避けることが推奨されます。

出典 「小児急性胃腸炎診療ガイドライン2017年版」 日本小児科救急医学会診療ガイドライン作成委員会編

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大塚製薬 オーエスワン 500mlx24
価格:4680円(税込、送料無料) (2018/9/20時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です