子どもが溶連菌に感染したら、保育園や幼稚園は何日休む必要がある?

こんにちは。研修認定薬剤師の奥村です。溶連菌の話の続きです。溶連菌にかかったら、何日くらい学校や保育園、幼稚園を休まないといけないでしょうか?働いているお母さんには切実な問題だと思います。

ウィルス・細菌等で感染する病気にかかった場合、出席停止の基準は、学校安全保健法と言う法律に定められています。溶連菌は第三種の感染症に分類され、「適切な抗菌剤治療開始後24時間を経て全身状態がよければ登校可能。」とされています。

また、抗生物質を服用して24時間経過すると、溶連菌に感染した患者の83%からは、喉から採ったサンプルを培養しても溶連菌のコロニーが出来る事は無かった、と言う報告もあります。[Pediatrics.1993 Jun;91(6):1166-70]

つまり、抗生物質を飲む事で、溶連菌の感染力が速やかに無くなる、と解釈して良いと思います。

従って、お子さんの熱が下がって元気であれば、病院を受診した日と次の日を休めば登校・登園は可能でしょう。病院からの登校・登園許可も、そのようなタイミングで出ているはずです。

いかがでしたでしょうか。ご参考になさって下さい。

そして、病気のお子さんがいらっしゃるお母さんは、どうぞお大事に。

参考「ジェネラリストのための内科診断リファレンス」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です