授乳しているお母さんと、12歳未満の子どもさんのいる家は、家庭に置いてある市販の風邪薬に咳止め成分のコデインが入っていないか、確かめておきましょう。


授乳しているお母さんと、12歳未満のお子さんは、コデインの入っている風邪薬を避けて欲しい

コデインは咳どめで、市販の風邪薬にも多く含まれますが、2019年から12歳未満のお子さんは飲んではいけない薬になりました。

間違って飲んだらどんなリスクがあるのか、ご存知でしょうか?薬剤師や登録販売者のあなたは、お客さんに説明出来ますか?

このブログ記事では、コデインを避けた方がよい方と、その理由について説明します。

記事を読めば、薬剤師や登録販売者は、自信を持ってコデインを含まない風邪薬が必要なお客さんの対応が出来るようになります。

また、一般の方は、家にある風邪薬をチェックする時のポイントが分かるようになります。

コデインってどんな薬?

コデインは麻薬性鎮咳薬に分類される咳止めです。化学構造式も、モルヒネに類似しています💊

コデインは体内でモルヒネになるが、個人差が大きい

実際、コデインの一部は体の中でモルヒネに変換されます😲この変換をする酵素は、CYP2D6です。昨日のブログに書いたように、遺伝で酵素の働きの強さが決まっていて、変換が「めっちゃ早い」人がいます。

変換がめっちゃ早い人では、モルヒネの体内濃度が最大で80倍になったという報告もあります。当然、副作用が出やすくなります。

モルヒネの副作用は、「呼吸抑制」

海外の報告では、お母さんが飲んだ鎮痛剤にコデインが含まれていた為に、赤ちゃんが哺乳困難になった例があったり、国内の報告でも、市販の風邪薬を飲んだ子どもさんが、脳神経障害をきたしたと言う例があります😞

頻度は少ないが、結果が重大な副作用が起きる

CYP2D6の「めっちゃ早い人」は、実は日本人では1%未満と、ごく稀です。ですが、酵素の働きの強さは、普通分からないこと、そして結果の重大性を考えると、一律に避けた方がリスクマネジメントとして望ましいと思われます。

最近、大規模な疫学調査で、コデインと副作用の関連が調べられました。その結果、統計的な関連性は示されませんでした。有害事象の発生数が、ごく少なかった為でしょう。

その一方で、日本でも2019年以降、コデインは12歳未満の子どもさんに「投与してはいけない」薬として指定されます。結果の重大性を鑑みた為でしょう。

まとめ: 授乳しているお母さんと、12歳未満のお子さんは、コデインの入っている風邪薬を避けて欲しい

わたしからアドバイスを書かせて下さい💆みなさんの家庭に置いてある風邪薬を見て下さい。パッケージに小さい字で薬の成分が書いてあります。

もしそこに、「コデイン」の文字があったら、授乳している赤ちゃんのいるお母さん、12歳未満のお子さんには、飲ませないで下さい。これで不要なリスクを回避出来ます🙆✨

読んで下さってありがとう😆💕✨
ゆきでした✨

参考文献

1)OTC医薬品の適正使用後にオピオイド中毒に至った女児例
日本小児臨床薬理学会雑誌 30(1) 147 (2017)
第43回 日本小児臨床薬理学会学術集会 (2016.11.11-12)

薬剤師の仕事に興味を持ったあなたに、全力でお勧めのコミックがあります‼☺

購入は⬇から。もちろん送料は無料です📚✨


関連記事です。

CYP2D6に関する記事をまとめました。遺伝子多型の種類と日本人での割合、薬物相互作用など。分かりやすく解説しています。

風邪薬のPL配合顆粒を飲んで、とても眠くなったことがある人は、お薬手帳の副作用欄に、そう書いておいた方がよい深い理由✏

PL配合顆粒でひどい眠気が出た人が、受診時にそれを伝えなくてはいけない、たったひとつの理由。

“授乳しているお母さんと、12歳未満の子どもさんのいる家は、家庭に置いてある市販の風邪薬に咳止め成分のコデインが入っていないか、確かめておきましょう。” の続きを読む

授乳しているのですが、胃腸炎で吐き気があり、辛いです。吐き気止めのメトクロプラミドを飲んでも、授乳は出来ますか?

こんにちは。研修認定薬剤師の奥村です。今日まで仕事でしたが、明日から休みです。連休皆さんはどう過ごされますか?家はイオンに映画「シュガーラッシュ」を見に行く予定です。

さて、胃腸炎の流行る季節です。下痢嘔吐は辛いものです。もし授乳婦さんが急性消化管感染症などになった場合、吐き気止めの薬、メトクロプラミドを服用することは可能でしょうか。

まずは添付文書を見てみます。メトクロプラミドは、乳汁中に分泌するとの報告があります。また、薬物動態の基本情報を確認しましょう。

Tmax=1.5±0.20時間、T1/2=10.47±4.69時間です。最高血中濃度に到達する時間は短く、半減期は長いので、服用と授乳のタイミングをずらすのは、あまり有効に思えません。ずらす必要があるのか、ないのか、もう少し考えてみましょう。

米国のサイト、LactMedは授乳と薬に関するデータベースです。検索してみると、情報が見つかりました。「Most infants would receive less than 10% of the maternal weight-adjusted dosage」(母親の体重補正した用量の1/10以下を摂取する場合がほとんど)と記載されています1)。一般的に相対的乳児服用量(RID)<10%で比較的安全に服用できるとされます。どうやら、ずらさなくても大丈夫そうです。

さらに、大分県母乳と薬剤研究会編の『母乳と薬ハンドブック』を参照しました。総合判定は、〇(限られた研究ではリスクは最小、リスクの根拠が見当たらない)「通常量かそれ以下で短期使用であれば授乳との両立可能」としています。

引用されている成書の評価を見ると、G.G.Briggsでは45mg/day以下であれば授乳可能、『授乳婦と薬』ではB(母乳移行する)、Hale.TWではL2(比較的安全)、米国小児科学会(AAP)では4(影響は不明であるが懸念はあり)とされています2)。

以上のことから、乳児が大量に摂取すると錐体外路症状を起こす可能性はありますが、メトクロプラミド5mgを頓用程度であれば、服用は可能と考えます。

いかがでしたか。ご家族の健康を守るための参考になさって下さい。

ブログを書いた後に見つけました。「授乳婦への薬剤(プリンペラン)処方とその調べ方, 〜添付文書の見方, 患者説明」レベルの高い記事です。医療関係の方はご参考になさって下さい。

https://antaa-med.com/antaaqa_book_junyufu_purinperan/

1)LACTMED

https://www.toxnet.nlm.nih.gov/newtoxnet/lactmed.htm

2)大分県母乳と薬剤研究会編 『母乳と薬ハンドブック』