薬局で初回アンケートの記入をお願いしたい、たったひとつの理由。



こんにちは。アロマ薬剤師🌿ゆき🌿です。

わたしの薬局では、初めて来られた方にアンケートを書いてもらっています。体調の良くない時に、病院と同じような内容をもう一度書くのは、あまり気持ちの良いものではありませんよね。

でも、そこを曲げてお願いしたい理由があります。今日のエントリーは、薬局で初回アンケートをお願いしたい、たったひとつの理由を書きます。

アンケートの項目を順に見ていきましょう。

💡住所と電話番号。薬局から連絡が取りたい時に必要です。病院に聞いても、個人情報なので教えてもらえません😫

💡生年月日、氏名、読み仮名、性別。処方箋の入力が間違っている事が、時々あります😫

💡アレルギー。例えば、牛乳由来のたんぱく質等、アレルゲン物質が薬に含まれている事があります。この場合、牛乳アレルギーのある人にこの薬は使えません。病院でスルーされていることがあります。薬を変更してもらう必要があります✨

💡既往症。例えば、緑内障の人がPL配合顆粒を飲むと、眼圧が上がる可能性があります。また、てんかんのお子さんが鼻水の薬のザジテンを飲むと、発作を起こしやすくなります。病院でスルーされていることがあります。薬を変更してもらう必要があります✨

💡体重。お子さんの薬は体重で量が決まります。また、大人の薬も、薬によっては体重や体表面積で量が決まるものがあります。処方箋の量が適切かどうか判断するために必要です。処方箋の入力間違い等を見つける有力な手がかりになります。もしエラーがあれば、薬の量を訂正してもらう必要があります✨

💡飲んでいる薬。今日の処方箋にある薬と飲み合わせの良くないものがある場合があります。例えば、てんかんの薬のテグレトールを飲んでいる場合、抗生物質のクラリスは、テグレトールの体内濃度を高くするため、飲み合わせに問題があります。病院でスルーされていることがあります。薬を変更してもらう必要があります✨

💡喫煙など、嗜好品。タバコはある種類の酵素を増やすため、薬の体内濃度を低くする場合があります。有名なのは喘息の薬のテオフィリンです。禁煙すると増えていた酵素が減るので、体内濃度が高くなりすぎることがあるので、飲む人に副作用の初期症状など特別なアドバイスが出来るよう、禁煙も重要な情報になります✨

💡サプリメントの摂取。サプリメントでも薬と飲み合わせの良くないものがあります。有名なのはハーブのセントジョーンズワート。ある種類の酵素を増やすために、鬱の薬の体内濃度を低くする場合があります。病院でスルーされていることがあります。セントジョーンズワートを止めて頂くことをアドバイスします✨

いかがでしたか。アンケートの各項目に込められた意味が分かって頂けたなら、嬉しく思います。そして、たったひとつの理由は、あなたに安全に、効果的に薬を飲んで頂きたい、それこそが薬剤師の存在理由だからです。

どうぞ、ご協力をお願いします🙇⤵



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です