腎機能についての記事をまとめました。

腎機能についての記事をまとめました。

薬局はあなたの毎日を守る小さな小さな最後の砦(「アンサング・シンデレラ」単行本カバーより)

薬剤師なら知っておきたい、高齢者がガスターを飲む場合は減量が必要と言う話✏

薬局はあなたの毎日を守る小さな小さな最後の砦(「アンサング・シンデレラ」単行本帯より)その2

自分の腎機能がどの程度なのか知っていると、より安全に薬が飲めると言う話😉

腎機能の3つの指標、日本推算eGFR、日本推算CLcr、欧米推算CLcrの関係についてまとめてみました。

処方せん記載のクレアチニンクリアランスは60.6mL/minで一見減量が必要になように見えますが、本当にそうでしょうか。

日常目にする検査票の血清クレアチニン、クレアチニンクリアランス、eGFRを、添付文書のクレアチニンクリアランスと結びつける方法。

透析患者のLVFXの用法用量はCCr<20に準じる。過量投与は中枢性副作用を起こすばあがあり、注意が必要。

参考になった、と思って下さったあなた、バナークリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です