漢方薬の麻黄湯とタミフルなどの抗インフルエンザ薬を飲み比べた研究があります。熱が下がるまでの期間や症状が治まるまでの期間に差はあったのでしょうか?



こんにちは。研修認定薬剤師の奥村です。

インフルエンザのシーズンになりました。皆さんがインフルエンザにかかったとしたら、どうされますか?病院で迅速検査を受けて、陽性であればタミフルなどを飲む事が多いと思います。異常行動が大きく報道された事もあって、タミフルは一時期、中学生・高校生など10代の若者への投与は禁忌とされました。その後の疫学調査でインフルエンザの異常行動とタミフルとの因果関係は証明されず、禁忌は撤回されたものの、子どもさんに飲ませるのに抵抗感を持つ親御さんもいらっしゃると思います。

今回、インフルエンザに対して漢方薬の麻黄湯と、タミフルに代表されるノイラミニダーゼ阻害薬の発熱期間・症状持続期間を比較した小規模な研究がありましたので、紹介いたします。麻黄湯は2,000年近い使用経験がある方剤で、インフルエンザにも適応を持ち、タミフルが登場する以前からインフルエンザに用いられて来ました。

この試験はインフルエンザの患者を4つのグループに分けて、それぞれ麻黄湯とタミフルなど抗インフルエンザ薬を服用し、経過を比較しました。その結果、熱が下がるまでの期間や、インフルエンザの症状が治まるまでの期間に差はありませんでした。むしろ関節痛に関しては、タミフルより黄麻湯の方が改善までの期間が早いという結果でした。論文では、麻黄湯はインフルエンザの治療の選択枝のひとつになると結論しています1)。

ただし論文の解釈には注意が必要です。小規模の研究であり、肺炎進展への予防効果などは検討されていません。患者背景もアブストラクトでは分かりませんが、健康な成人が対象で、幼児や高齢者、合併症のあるリスクの高いグループでの検討はなされていないと思われます。ですから、あくまで健康で元気な若者がインフルエンザにかかった場合、と限定して考えて頂いた方がよいと思います。合併症を有する方は、タミフルなど抗インフルエンザ薬を使用した方がよい場合もあるでしょう。その辺りを診察時に処方医とよくご相談なさることをお勧めします。

今回のお話は、いかがでしたでしょうか。ご家族の健康を守るためのご参考になれば幸いです。

最後に、アブストラクトの機械翻訳を掲載しておきます。

「本研究では、抗ウイルス薬である麻黄湯を抗ウイルス薬と比較し、発熱およびインフルエンザの他の主観的症状の持続時間に対するそれぞれの効果および併用効果を評価した。この無作為化対照試験に登録された45人の患者は、急速なインフルエンザ抗原検査で陽性A型インフルエンザを有し、書面で同意し、2008年11月から2009年3月まで順天堂大学病院で治療を受けた。 1):麻黄湯、9人の被験者、4人の被験者2):タミフル、13人の被験者; 3):、6人の被験者; 4):麻黄湯/ タミフルの組み合わせ、9名の被験者。発熱、筋肉痛、頭痛、関節痛、疲労および咳を含む6つのアウトカム指標を評価した。ボンフェローニ調整t検定により複数の比較について統計的差異を決定した。我々の結果は、治療の開始以来、発熱の時間経過プロファイルおよび発熱の解消までの日数の4群間に有意差がなかったことを示した。さらに、筋痛、頭痛、疲労および咳の解消までの日数に有意な群間差は検出されなかった。しかし、麻黄湯群は、関節痛の改善がタミフル群よりも速いことを報告した(P = 0.01)。結論として、麻黄湯は、発熱およびインフルエンザの症状を軽減する抗ウイルス薬と同等の効力を示した。無差別な使用、有害な再行動、現在の抗ウイルス薬への抵抗に対する重大な懸案が増え続ける中で、麻黄湯はインフルエンザの治療のためのエレガントな選択肢として役立つかも知れない。」

1)The efficacy of ma-huang-tang (maoto) against influenza Mizue Saita,et al.
Department of General Medicine, Juntendo University School of Medicine, Tokyo, Japan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です