溶連菌で抗生物質を10日間飲む理由。熱が下がったのに途中で止めたらダメですか?

こんにちは👋😃アロマ薬剤師🌿ゆき🌿です☺

冬と初夏は溶連菌にかかる子どもが増えます。薬局でペニシリン系抗生物質を10日間もらって、最後まで飲みきるように説明を受けると思います💊

でも、熱や喉の痛みは3,4日で治るのに、本当に10日間も飲み続けないといけないのでしょうか😔

溶連菌にはリウマチ熱と言う合併症が知られています。先進国での発症は稀で、米国では年間10万人に1人発症する程度と報告されています。言い換えると、溶連菌にかかっても99.999%はリウマチ熱を発症する事はありません✨

ただ頻度は少ないのですが、リウマチ熱を発症した子どもは、心臓の弁膜症を予防する為に成人するまで、または生涯に渡って抗生物質を飲み続けないといけなくなります。😲

ペニシリン系抗生物質を10日間服用することで、リウマチ熱の発症の実に7割を予防出来る事が報告されています1)。

風邪に抗生物質は必要ないとよく言われます。溶連菌は喉の風邪のひとつで、薬を飲まなくても、数日で熱や喉の痛みは自然に治ります😃

でも、重い合併症であるリウマチ熱をまれに(2009年の日本での年間発症は17例)起こす事があり、抗生物質を飲めば、リウマチ熱の大部分を予防することが出来ます。

また、抗生物質を飲まなければ、溶連菌の感染力は持続し、他のお子さんにうつしてしまう機会も増えるでしょう😥

私の勤務する薬局でも、過去に1例リウマチ熱を発症したお子さんがありました。その子は成人するまで抗生物質を飲み続けました😞

リスクを考える場合には、起こる頻度だけでなく、結果の重大さを合わせて考えなければ行けません😔

現代の日本は医療アクセスがよく、皆保険もあり、薬の恩恵を受けられる環境にあるのですから、その恩恵を受けた方が良いのでは、と私は思います。従って、溶連菌にかかったら、熱や喉の痛みが無くなっても、抗生物質を10日間飲みきる事をお勧めします😃

いかがでしたでしょうか。ご参考になさって下さい✨

そして、病気のお子さんがいらっしゃるお母さんは、お大事になさって下さい☺

1)BMC med inform Decis Mak. 2006 Mar 13; 6: 14

参考
「ジェネラリストのための内科診断リファレンス」
「かぜ診療マニュアル」
「生活リスクマネジメント」

薬剤師の仕事に興味を持ったあなたに、全力でお勧めのコミックがあります‼☺

購入は⬇から。もちろん送料は無料です📚✨


⬇薬は10日分飲む意味があったんだ、と思って下さったあなた、バナークリックをお願いします✨

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

自分だけ知ってるのはもったいないと思って下さったあなた、⬇のSNSボタンでシェアをお願いします😉

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です