昨シーズンに消費した抗インフルエンザ薬は厚労省によれば、のべ1,397万人分。どれくらいの薬代になるのでしょう?



こんばんは。研修認定薬剤師の奥村です。今日は医療経済の観点からインフルエンザの治療について考えたいと思います。

昨シーズンに消費した抗インフルエンザ薬は厚労省によれば、のべ1,397万人分とされています。これは、どれくらいの薬代になるのでしょう?

実際には成人と小児の患者がいますが、簡略化して全て成人の標準用量で計算してみましょう。今シーズン処方が増えているゾフルーザと、今シーズンから発売になったタミフルのジェネリック、オセルタミビルで計算してみます。解熱までの期間は同等と考えられます。

もし1,397万人が成人の標準用量(40mg)のゾフルーザを処方されたとすれば、薬代(薬価)だけで669億円かかります。一方で、1,397万人が成人の標準用量のオセルタミビルを処方されたとすれば190億円です。

全員がタミフルのジェネリックを飲めば、薬代は190億円で足りますが、全員がゾフルーザなら同じ予算で397万人分の薬代にしかなりません。

言い換えれば、皆がゾフルーザの処方を希望すれば、1,000万人分の薬代が消尽してしまう訳です。私たちひとりひとりの賢明な選択が試されていると思います。

読んで下さってありがとう😃
ゆきでした✨

薬剤師の仕事に興味を持ったあなたに全力でお勧めのコミックです☺✨


⬇新薬って高価いなあ…効き目が同じならジェネリックでいいや、思って下さったあなた、バナークリックをお願いします✨

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

自分だけ知ってるのはもったいないと思って下さったあなた、⬇のSNSボタンでシェアをお願いします😉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です