クループ時の全身ステロイドの用量に関して、デキサメタゾンは0.6mg/kg、0.3mg/kg、0.15mg/kgのいずれも有効であった。

クループ時の全身ステロイドの用量に関して、デキサメタゾンは0.6mg/kg、0.3mg/kg、0.15mg/kgのいずれも有効であったとの報告があります1)。なお、デキサメタゾンの抗炎症作用は、プレドニゾロンの約6.25倍なので、プレドニゾロン1mg/kg≒デキサメタゾン0.16mg/kgと換算されます。

以下、論文アブストラクトの機械翻訳を掲載します。「この試験の目的は、2つの連続した二重盲検無作為化対照臨床試験(試験Aおよび試験B)において、croupと入院した120人の小児における様々なサイズの経口デキサメタゾンの単回投与の有効性を比較することであった。この研究は、小児科第三病院の緊急事態観察所で行われました。クループで入院した120人の子供(年齢6〜160ヵ月)が参加した。各試験における2つの群のベースライン特性は類似していた。試験Aでは、60名の子供に0.6または0.3 mg / kgのデキサメタゾンシロップを投与した。試験Bでは、0.3または0.15mg / kgのデキサメタゾンシロップを服用した60名の子供。入院期間、クループスコアの低下、およびアドレナリン使用を評価した。入院期間の中央値は、試験A(7時間および8時間)および試験B(9および9時間)の小児で同様であった。治療後のCroupスコアは差がなく、すべてのグループおよび各試行の初期スコアよりも有意に低かった。他のアウトカム指標は、噴霧されたアドレナリンの必要性、集中治療を受けた患者数、クループの再発による医療への帰還率、病院からの退院後のクループによる再入院率を含む、各試験の2つの群について同様であった。我々は、0.15mg / kgの用量でのデキサメタゾンの経口投与は、症状を緩和するのに0.3または0.6mg / kgと効果的であり、クループを有する小児の入院期間と同様の結果をもたらすと結論する。」

1)Geelhoed GC  Pediatr Pulmonol. 1995 Dec;20(6):362-8.  Oral dexamethasone in the treatment of croup: 0.15 mg/kg versus 0.3 mg/kg versus 0.6 mg/kg. PMID:8649915

Pediatr Pulmonol. 1995 Dec;20(6):362-8.
Oral dexamethasone in the treatment of croup: 0.15 mg/kg versus 0.3 mg/kg versus 0.6 mg/kg.
Geelhoed GC1, Macdonald WB.

Author information
1Emergency Department, Princess Margaret Hospital for Children, Perth, Western Australia.

Abstract
The objective of this study was to compare the efficacy of a single dose of oral dexamethasone of varying sizes in 120 children hospitalized with croup in two sequential double blind, randomized, controlled clinical trials (Trials A and B). The study was conducted in the Emergency Department Observation Ward of a tertiary pediatric hospital. One hundred and twenty children (age range 6 to 160 months) hospitalized with croup participated. Baseline characteristics for the two groups in each trial were similar. In Trial A 60 children received either 0.6 or 0.3 mg/kg dexamethasone syrup; in Trial B 60 children received either 0.3 or 0.15 mg/ kg dexamethasone syrup. Duration of hospitalization, reduction in croup scores, and adrenaline usage were evaluated. Median duration of hospitalization was similar for children in Trial A (7 and 8 hr), and in Trial B (9 and 9 hr). Croup scores following treatment did not differ and were significantly lower than initial scores for all groups and in each trial. Other outcome measures were similar for the two groups in each trial, including need for nebulized adrenaline, numbers of patients admitted to intensive care, rate of return to medical care with reoccurrence of croup, and readmission to hospital with croup following discharge from hospital. We conclude that oral dexamethasone in a dose of 0.15 mg/kg is as effective as 0.3 or 0.6 mg/kg in relieving symptoms and results in a similar duration of hospitalization in children with croup.

PMID:8649915
[Indexed for MEDLINE]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です