オグサワ処方がオーグメンチンとサワシリンを併用する理由



オグサワ処方がオーグメンチンとサワシリンを併用する理由

呼吸器内科から、次のような処方箋が来ました。

オーグメンチンSR配合錠250 3錠
サワシリンカプセル250mg 3カプセル
分3

2種類の抗生物質、オーグメンチンとサワシリンが同時に処方されています。

これは、オグサワ処方と呼ばれ、「JAID/JSC感染症治療ガイド2019」にも市中肺炎のエンピリックセラピー、すなわち起因菌や感受性が不明な段階で使用する治療薬として記載されています1)。

Ⅱ.肺炎(成人)
A)市中肺炎
1.Empiric therapy
a.細菌性肺炎

(1)外来治療
細菌性肺炎では,Streptococcus pneumoniae,Haemophilus influenzae,Moraxella catarrhalis が主な原因微生物となる(II).これらは,基本的には高用量のペニシリン系薬の内服を中心として治療すべきである(AII).

外来治療であれば,β―ラクタマーゼ阻害薬配合ペニシリン系薬を用いるのが一般的で,CVA/AMPCもしくはSBTPCを1回2錠,1日3~4回の内服治療が,有効性からも耐性菌抑制の観点からも推奨される(AII).

但し,現時点では,このような高用量処方が保険適応外のため,下記[例]のような処方も検討する.

―推奨される治療薬―
第一選択 ● CVA/AMPC経口(125mg/250mg)1回2錠・1日3~4回(添付文書最大4錠/日 )† ● SBTPC 経口(375mg)1回2錠・1日3~4回(添付文書最大3 錠/日 )†

※‌CVA/AMPCおよびSBTPCについては,添付文書通りの投与法ではAMPCとしては最大1,000mg,ABPC としては最大750mgまでしか投与できないので,さらにAMPC経口薬の併用†も考慮する.

[例]CVA/AMPC経口(125mg/250mg)1回1錠・1日3回†+AMPC経口(250mg)1回1錠・1日3回†

†印は日本における保険適応外(感染症名,投与量,菌種を含む)を示す.

出典: www.kansensho.or.jp

保険適応外で、敢えて2種類の抗生物質を使用していることが分かりました。ですが、耐性菌の件は、このガイドラインを読むだけでは十分には理解できず、補足が必要です。

わたしたちと、オグサワ処方について、学びませんか?

市中肺炎の治療方針と、オグサワ処方の意義が分かるようになります。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

オルベスコインヘラーをフルタイドエアゾールに変更する利点は何?メリットと注意点を解説しました。




オルベスコインヘラーをフルタイドエアゾールに変更する利点は何?メリットと注意点を解説しました。

はじめに

オルベスコインヘラー用にエアロチャンバーを購入してからも吸えていない

就学前の小児喘息の患児で、オルベスコを処方されたものの、コントロールの悪い子がいました。

エアロチャンバーの購入を勧めて、買って頂いてからも上手く吸入出来ていないようでした。

昨夜は咳がひどく、よく眠れなかったそうで、お母さんも憔悴した様子です。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について