風邪薬のPL配合顆粒を飲んで、とても眠くなったことがある人は、お薬手帳の副作用欄に、そう書いておいた方がよい深い理由✏

こんばんは🌙😃❗アロマ薬剤師🌿ゆき🌿です✨

終日子どもと遊んで、連休満喫しているゆきです☺✨寝静まった夜にブログを更新しています✏

さて、今夜はPL配合顆粒と眠気の話です😪

PL配合顆粒は風邪薬です。ポピュラーな薬なので、みなさんも一度や二度飲んだ事があるんじゃないかな、と思います☺

飲んで眠くなりました?個人差がありますが、時々「めっちゃ眠くなった‼」😪と言う方がいらっしゃいます。

もし、あなたがそうなら、お薬手帳の副作用欄に「PL配合顆粒でひどい眠気が出た」と書いておいて下さい✏

眠気くらいで大げさな…と思ってます❔実は、このことをお勧めする、深い理由があるのです🙆

PL配合顆粒の眠気の正体は、PL配合顆粒に含まれるプロメタジンと言う成分です。いわゆる抗ヒスタミン、くしゃみ・鼻水・鼻づまりの薬です。

なぜ、同じ薬を飲んでも、眠気が出る人とそうでない人がいるのでしょう?😤

プロメタジンは、肝臓の細胞に含まれるCYP2D6(シップ・ツー・ディー・シックス)と言う酵素で代謝、つまり分解されます。

ところが、CYP2D6の代謝する能力には、遺伝的な個人差があります。便宜的に、代謝がめっちゃ早い人、代謝が早い人、普通の人、代謝の遅い人、の4グループに分けてみましょう😲

この、代謝の遅い人がPL配合顆粒を飲むと、薬が体に残って、ひどく眠くなる訳です😪

ここからが大事なのですが、CYP2D6で代謝されるのは、プロメタジンだけではありません😲

例えば、せき止めのメジコン、心不全のβ遮断薬、緑内障の点眼薬に用いられるβ遮断薬、抗うつ薬や、抗精神病薬など、CYP2D6で代謝される薬は沢山あります。

そしてPL配合顆粒と同様に、CYP2D6の代謝が遅い人は、薬が体に残りやすく、副作用が起こりやすくなることが予想されます😲

つまり、副作用の起こりやすさが、PL配合顆粒の眠気が出たかどうかで、薬を飲む前から予想できるのです🙆✨

深い理由でしょう❔✨

もしもあなたがPL配合顆粒を飲んで、ひどく眠くなった事があれば、ぜひ、お薬手帳の副作用欄に「PLでひどい眠気が出た」と書いておいて下さいね✨

薬を安全に、効果的に使用する上で、必ず役に立つ情報だと思います😉👍✨

読んで下さってありがとう😆💕✨

ゆきでした✨

薬剤師の仕事に興味を持ったあなたに、全力でお勧めのコミックがあります‼☺

購入は⬇から。もちろん送料は無料です📚✨


⬇PL配合顆粒で眠気が出たかどうかって、実は重要な情報なんだ、と思って下さったあなた、バナークリックをお願いします✨

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

自分だけ知ってるのはもったいないと思って下さったあなた、⬇のSNSボタンでシェアをお願いします😉

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です