溶連菌で抗生物質を飲んでも感染後腎症を予防しないと聞きましたが、本当ですか?



溶連菌感染症の非化膿性合併症として、溶連菌感染後腎症(PSAGN)が知られています。Carapetis らはPSAGN の頻度を先進国で人口10万人あたり6、発展途上国では24.3と推定し、リウマチ熱とともに減少傾向にあることを報告1) しています。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA