日本で年間にインフルエンザの迅速検査で必要な検査料の予算の概算はいくら?



インフルエンザウイルス抗原精密測定 150点
免疫学的検査判断料 144点

インフルエンザウイルス抗原精密測定は原則1回だが、発症早期では陽性化しないため、2回まで認められている。

昨シーズンに消費した抗インフルエンザ薬は厚労省によれば、のべ1,397万人分とされています。

検査を2回した人もいるかも知れないし、検査しても陰性で抗インフルエンザ薬を飲まなかった人もいるかも知れませんが、ここでは単純化して1人が1回検査したと仮定します。

(1,500円+1,440円)x1,397万人分=410.7億円

これが日本で年間にインフルエンザの迅速検査で必要な検査料の予算の概算になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です