日本で年間にインフルエンザの迅速検査で必要な検査料の予算の概算はいくら?



インフルエンザウイルス抗原精密測定 150点
免疫学的検査判断料 144点

インフルエンザウイルス抗原精密測定は原則1回だが、発症早期では陽性化しないため、2回まで認められている。

昨シーズンに消費した抗インフルエンザ薬は厚労省によれば、のべ1,397万人分とされています。

検査を2回した人もいるかも知れないし、検査しても陰性で抗インフルエンザ薬を飲まなかった人もいるかも知れませんが、ここでは単純化して1人が1回検査したと仮定します。

(1,500円+1,440円)x1,397万人分=410.7億円

これが日本で年間にインフルエンザの迅速検査で必要な検査料の予算の概算になります。

コラム

職場の悩みはありませんか?

わたしも最初の職場がどうしても合わず、1年足らずで退職しました。今の職場は上司や同僚に恵まれ、毎日楽しく働いています。

あなたが現状に悩んでいるのであれば、専門家に相談してみてはいかがでしょうか?

転職を考える場合、現在の環境から離れることを一番に考えてしまいがちですが、転職先には現在の職場にない問題があります。

わたしはラッキーでしたが、転職後の方が辛い思いをしてしまった、と言う話も耳にします。

自分に適した職場を見つけるためには、頼れるスタッフに協力してもらうことが重要です。

回り道のように見えますが、転職を成功させるための最短の近道と思います。

あなたも1歩踏み出してみてはいかがでしょうか?
あります!今よりアナタが輝く職場
薬剤師の求人ならエムスリーキャリア


スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA