日常目にする検査票の血清クレアチニン、クレアチニンクリアランス、eGFRを、添付文書のクレアチニンクリアランスと結びつける方法。

こんばんは🌙😃❗アロマ薬剤師🌿ゆき🌿です☺

思い付いてブログをもう1記事書いてます✨

腎機能に関する検査値で、日常目にするのは血清クレアチニン、クレアチニンクリアランス、eGFRのどれかと思います。

添付文書の腎機能に応じた用法用量は、クレアチニンクリアランスで書かれていることがほとんどと思います。

そこで、この二つを結びつける方法を書こうと思います✨

①血清クレアチニンが分かっている場合。
Cockcroft-Gault式を使ってクレアチニンクリアランスを計算します。

((140-年齢)×体重)/(72×血清クレアチニン)
女性の場合は0.85をかける。

ただし、日本の血清クレアチニンの測定方法は酵素法、欧米の測定方法はJaffe法と異なります。

添付文書のクレアチニンクリアランスはJaffe法による血清クレアチニンが使用されています。

そこで、酵素法による血清クレアチニンに0.2を加えてCockcroft-Gault式で計算して下さい。

②クレアチニンクリアランスが分かっている場合。
上述のように、日本と欧米で血清クレアチニンの測定方法が異なります。

酵素法で測定した血清クレアチニンを使用してCockcroft-Gault式で計算した場合、20~30%ほどクレアチニンクリアランスが高くなります。

従って、酵素法に基づくクレアチニンクリアランスに0.789をかけて下さい。

③eGFRが分かっている場合。
標準化eGFRが与えられています。1.73で割り、体表面積をかけて、個別eGFRを求めて下さい。

①~③の方法で求めたものは、添付文書に書かれているJaffe法に基づくクレアチニンクリアランスに近似出来ます。

いかがでしたか?
明日からの業務で活用出来そうですよね☺

ゆきでした。

参考文献
1)腎臓病に関するQ&A
http://www.pharm.kumamoto-u.ac.jp/Labs/clpharm/database/docs/qa02.pdf#search=%27Jaffe%E6%B3%95+%E6%8E%A1%E7%94%A8+%E5%9B%BD%27



ヒーリングビューティショップ | HBS

⬇参考になった、と思って下さったあなた、バナークリックをお願いします✨

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

自分だけ知ってるのはもったいないと思って下さったあなた、⬇のSNSボタンでシェアをお願いします😉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です