OATP1B1に関連する薬物-薬物相互作用および薬物-遺伝子相互作用は、セリバスタチン誘発性横紋筋融解の潜在的危険因子である。

こんにちは。研修認定薬剤師の奥村です。

今日は、基礎研究の論文を報告します。OATP1B1に関連する薬物-薬物相互作用および薬物-遺伝子相互作用が、セリバスタチン誘発性横紋筋融解の潜在的危険因子と報告しています。以下、アブストラクトの機械翻訳です。

「目的:薬物代謝酵素および膜輸送体の遺伝的変異ならびに付随する薬物療法は、薬物の有益な効果および有害な効果を調節することができる。我々は、横紋筋融解症を呈している患者がセリバスタチンを服用していた患者がSLCO1B1において機能的な遺伝子変異を有しているかどうか、およびそれらがOATP1B1を阻害してセリバスタチンの蓄積をもたらす併用薬物であるかどうかを調べた。

メソッド:この研究は、3つの成分を有していた:(a)セリバスタチン上で横紋筋融解を発症した122人の患者におけるSLCO1B1遺伝子の再配列決定; (b)pcDNA5 / FRT空ベクター、SLCO1B1参照、変異体およびハプロタイプで安定にトランスフェクトされたインビトロHEK293 / FRT細胞における同定されたSLCO1B1非同義変異体およびハプロタイプの機能的評価; (c)対照SLCO1B1で安定的にトランスフェクトされたHEK293 / FRT細胞におけるセリアバスタチンのOATP1B1媒介性取り込み阻害のための横紋筋融解症例の中で一般的に使用される15種類の薬物のインビトロスクリーニング。

結果:SLCO1B1遺伝子の再シークエンシングにより、54の変異体が同定された。 SLCO1B1非同義変異体およびハプロタイプのインビトロ機能解析により、V174A、R57Q、およびP155T変異体、新規フレームシフト挿入、OATP1B1 * 14およびOATP1B1 * 15ハプロタイプは、セリバスタチン取り込みの有意な減少(P <0.001)と関連していたそれぞれ、32,18,72,3.4,2.1および5.7%の参照)。さらに、クロピドグレルおよび7種の他の薬物は、OATP1B1媒介セリバスタチンの取り込みを阻害することが示された。

結論:遺伝的変異および薬物 – 薬物相互作用に関連するOATP1B1の機能低下は、セリバスタチン誘発性横紋筋融解に寄与した可能性が高い。セリバスタチンはもはや臨床的に使用されていないが、これらの知見は、関連スタチンおよびOATP1B1の他の基質に変換される可能性がある。」

Pharmacogenet Genomics. Author manuscript; available in PMC 2014 January 17.
Published in final edited form as:
Pharmacogenet Genomics. 2013 July; 23(7): 355–364.
doi: 10.1097/FPC.0b013e3283620c3b

PMCID: PMC3894639
NIHMSID: NIHMS544001

OATP1B1-related drug–drug and drug–gene interactions as potential risk factors for cerivastatin-induced rhabdomyolysis.

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です