アロマについて書いた記事をまとめました🌿


アロマについて書いた記事をまとめてみました🌿

メディカルアロマと呼ばれる分野のエビデンスも紹介しています。

でも、自分が好きな香りにつつまれて、リフレッシュ出来たらそれで良いんじゃないかなと思います☺

香りのある生活、お勧めです🌿

休日に気軽にアロマトリートメントを行う方法を紹介します🌿自室がセラピールームに早変わり✨

不安感のある人にはゼラニウムの吸入がお勧めです。急性心筋梗塞の方に使用した試験で、不安感を和らげる可能性が示されています。

お子さんの気持ちを落ち着けたい時は、オレンジスイートの精油がお勧め。子どもの歯科治療の時に使用して、気持ちを落ち着けたと言う試験があります。

手軽にアロマセラピーを楽しんでみませんか?簡単な芳香浴の方法とお勧めの精油を紹介します。

昼間は頭をすっきり、夜はゆったり気分になりたい人にお勧めのアロマレシピを紹介します。精油は4種類、通販で5種類1,000円で試せます。

睡眠にトラブルがある人にお勧めのアロマレシピと、初心者でも手軽に試せる方法を紹介します。精油は5種類1,000円で試せます。

花粉症やアトピーの人にお勧めのアロマはカモミールジャーマンです。

ラベンダー精油でリラックスしたい人に真正ラベンダーを勧めたい、たったひとつの理由。成分のリナリルアセテートが多い品種は真正ラベンダーだけ。

セントジョーンズワートのハーブティーやサプリを摂っている人が、病院や薬局で申告しないと行けないたったひとつの理由。薬によっては、効き目が弱くなる事があります。

ベルガモットの芳香浴と音楽は、単独でも併用でもリラックス効果があります。

フランキンセンスの精油で自然な眠気がやって来ました。


参考になった、と思って下さったあなた、バナークリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

SNSボタンでシェアをお願いします。

休日に気軽にアロマトリートメントを行う方法を紹介します🌿自室がセラピールームに早変わり✨


こんにちは✨😃❗アロマ薬剤師🌿ゆき🌿です。

🌿みなさんはアロマセラピーのトリートメントに興味ありますか?きっと、あると思います☺

🌿でも、働いていて小さい子どもがいると、お店でトリートメントを受けるのはなかなか敷居が高いですよね😒

🌿そこで、休日に自分で気軽に出来るアロマトリートメントのやり方を紹介したいと思います✨

🌿AEAJの会報に、トリートメントの効果を確かめた記事が載っていました✨ラベンダー精油1%が含まれたホホバオイルで10分間、両腕の肘から先にトリートメントを行うと、副交感神経の活動が活発になり、ほっとした感じなど、調べた5項目のすべてに改善が見られたそうです✨

🌿精油は1%に希釈して使います。ホホバオイルなどのキャリアオイル5ccに対して精油1滴を滴下して下さい。これで1%になります。トリートメントの前に、48時間のパッチテストを行って下さい☺

🌿精油は変質しやすく、熱や光に弱いため、ブレンドオイルやローションはガラス製の遮光瓶で保管しましょう☺

🌿マッサージは、体の末端から中心に、心地よい強さと時間で、の2点を守れば、細かいことはそれほどこだわらなくて大丈夫です✨

🌿どうでしょう?簡単ですね☺ぜひ、試してみて下さいね😉お風呂あがりにトリートメントすると、とても気持ちよいですよ😃

ゆきでした。

🌿ひとつだけ忘れていました。ブログでは安全な使用方法を紹介しましたが、ご利用は自己責任でお願いします🙏

🌿精油の通販を紹介します✨リーズナブルな値段で、天然由来、無農薬の精油が購入出来ます。わたしも使っています☺

 

ホホバオイル、わたしは無印良品のを使っているのですが、通販で手軽に購入出来そうなものを紹介します✨

 


ヒーリングビューティショップ | HBS

⬇参考になった、と思って下さったあなた、バナークリックをお願いします✨

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

自分だけ知ってるのはもったいないと思って下さったあなた、⬇のSNSボタンでシェアをお願いします😉

不安感のある人にはゼラニウムの吸入がお勧めです。急性心筋梗塞の方に使用した試験で、不安感を和らげる可能性が示されています。


ゼラニウムはローズと共通する成分を含み、力強いローズを思わせる香りがします。

ゼラニウムにメディカルアロマとしてのエビデンスはあるでしょうか。医療データベースであるpubmedを検索すると、急性心筋梗塞の方に使用して、不安感を軽減したとする報告を見つけました。

以下にgoogle翻訳と英語の要旨を添付します。

急性心筋梗塞患者の不安に対するゼラニウムの香りの効果:三重盲検無作為化臨床試験
ランダム化比較試験
Shirzadegan R、他。 Ther Clin Practを補完します。 2017年

抽象
目的:本研究ではAMI患者の不安に対するゼラニウムの香りの影響を調べた。

方法:この無作為化三重盲検プラセボ対照臨床試験では、便利なサンプリングを通してAMI患者80人を募集した。患者は、層別ブロックランダム化を用いてゼラニウムとプラセボのグループ(それぞれn = 40)に割り当てられた。入院2日目に、3滴のゼラニウム精油とプラセボを、それぞれゼラニウムとプラセボグループの酸素マスクの内側に貼った吸収パッチに注ぎました。患者は2日連続で1日20分間アロマを吸入するように依頼された。

結果:介入のすべての段階において、2つのグループは不安スコアに有意差があり、すなわちゼラニウムのアロマは不安スコアの有意に大きな減少を引き起こした(P <0.001)。

結論:AMI患者の不安を軽減するための、使いやすい介入として、ゼラニウムエッセンシャルオイルによる吸入アロマテラピーが推奨されています。

Show full citation
Abstract
OBJECTIVE: The is study examined the effects of geranium aroma on anxiety among patients with AMI.

METHODS: This randomized, triple-blind, placebo-controlled clinical trial recruited 80 patients with AMI through convenience sampling. The patients were allocated to geranium and placebo groups (n = 40 each) using stratified block randomization. On the second day of admission three drops of geranium essential oil and placebo were poured on absorbing patches attached inside the oxygen masks of the geranium and placebo groups, respectively. The patients were asked to inhale the aroma for 20 min a day on two consecutive days.

RESULTS: all stages of the intervention, the two groups had a significant difference in anxiety scores, i.e. geranium aroma caused significantly greater reductions in the anxiety scores (P < 0.001).

CONCLUSION: Inhalation aromatherapy with geranium essential oil is recommended as an easy-to-use, intervention to reduce anxiety among patients with AMI.

Copyright © 2017 Elsevier Ltd. All rights reserved.
PMID 29122262 [Indexed for MEDLINE]

お勧めのディフューザーです。



ヒーリングビューティショップ | HBS

お子さんの気持ちを落ち着けたい時は、オレンジスイートの精油がお勧め。子どもの歯科治療の時に使用して、気持ちを落ち着けたと言う試験があります。


おはようございます。研修認定薬剤師のゆきです。

今日はオレンジスイートの精油のエビデンスを紹介します。エビデンスと言うのは聞きなれない言葉ですが、この場合は科学的根拠、と言う意味合いです。

経験的に用いられて来たアロマセラピーですが、科学的な手法を用いて、その効果を実証しよう、と言うのが、エビデンスを構築する意義です。

日本で普及しているアロマセラピーは、美容やリフレクソロジーの分野が多いですが、フランス等では医療分野で、補完的に使用されるようです。

今回は、pubmedと言うデータベースを検索して見つけた英語の論文の要旨を、googl翻訳でおこし、わたしが手直ししました。

オレンジスイートの精油は、子供の歯科治療で芳香浴に用いると、ストレスの指標である唾液中のコルチゾールと脈拍数を減少させる可能性があるようです。

それでは、翻訳と英語の原文を添付します。

歯科治療中の小児の唾液コルチゾールおよび脈拍数に対するオレンジ精油によるの効果:無作為化対照臨床試験

Jafarzadeh M et.al Adv Biomed Res. 2013

要旨
背景:エッセンシャルオイルは、医学における代替的で補完的な治療として使用されてきました。柑橘系の香りは、不安症状の治療のためにアロマセラピストによって使用されてきました。

この主張に基づいて、本研究の目的は、歯科治療中の子供の不安に対するオレンジのエッセンシャルオイルによるアロマテラピーの効果を調査することでした。

材料と方法:2011年にイスファハン歯科学校の小児科に通った患者の中から、選択基準に適合した6〜9歳の30人の子供(10人の男の子、20人の女の子)が、クロスオーバー介入研究に参加しました。

すべての子供は歯科予防および裂溝シーラント療法を含む2つの歯科治療を受けました。あるセッションではオレンジの香りの下で、別のセッションでは何の香りもない状態で治療を受けました。

小児の不安レベルは、それぞれの受診において、治療前後の唾液コルチゾール、および脈拍数を用いて測定しました。データはSPSSソフトウェアバージョン18によるt検定を用いて分析しました。

結果:平均±SD、ならびに唾液中コルチゾール濃度および脈拍数の平均差を、各来院前および治療終了前の各群において算出しました。

オレンジの香りの下での治療と、香りのない治療の間で、唾液コルチゾールと脈拍数の平均の違いは1.047±2.198(nmol/l)、および6.73±12.3(分)であり、対応のあるt検定を用いて統計的に有意でした(p=0.005)。

結論:オレンジの天然エッセンシャルオイルによるアロマテラピーの使用は、子供の不安状態による唾液コルチゾールと脈拍数を減少させる可能性があるようです。

ヒーリングビューティショップ | HBS

Effect of aromatherapy with orange essential oil on salivary cortisol and pulse rate in children during dental treatment: A randomized controlled clinical trial.

Jafarzadeh M, et al. Adv Biomed Res. 2013.

Abstract
BACKGROUND: Essential oils have been used as an alternative and complementary treatment in medicine. Citrus fragrance has been used by aromatherapists for the treatment of anxiety symptoms. Based on this claim, the aim of present study was to investigate the effect of aromatherapy with essential oil of orange on child anxiety during dental treatment.

MATERIALS AND METHODS: Thirty children (10 boys, 20 girls) aged 6-9 years participated in a crossover intervention study, according to the inclusion criteria, among patients who attended the pediatric department of Isfahan Dental School in 2011. Every child underwent two dental treatment appointments including dental prophylaxis and fissure-sealant therapy under orange aroma in one session (intervention) and without any aroma (control) in another one. Child anxiety level was measured using salivary cortisol and pulse rate before and after treatment in each visit. The data were analyzed using t-test by SPSS software version 18.

RESULTS: The mean ± SD and mean difference of salivary cortisol levels and pulse rate were calculated in each group before and completion of treatment in each visit.

The difference in means of salivary cortisol and pulse rate between treatment under orange odor and treatment without aroma was 1.047 ± 2.198 nmol/l and 6.73 ± 12.3 (in minutes), which was statistically significant using paired t-test (P = 0.014, P = 0.005, respectively).

CONCLUSION: It seems that the use of aromatherapy with natural essential oil of orange could reduce salivary cortisol and pulse rate due to child anxiety state.

PMID 23930255  PMCID PMC3732892

手軽にアロマセラピーを楽しんでみませんか?簡単な芳香浴の方法とお勧めの精油を紹介します。


🌿朝の集中力を高めたい時は、ローズマリーカンファーとレモンはいかがでしょう。手軽に芳香浴してみましょう✨

🌿芳香浴はディフューザーを用いても良いけれど、ティッシュに落とすだけでもOK。部屋の大きさにもよりますが、1~数滴で、15分程度行います。芳香浴に限れば、どの精油を選んでも安全です。

🌿寝る前にリラックスしたい時にお勧めのアロマは、真正ラベンダー、プチグレン、クラリセージ、オレンジスイートです。

🌿これらの精油に共通して含まれるリナリルアセテート(酢酸リナリル)が、リラックスに関連すると言われています。好きな香りを選んで試してみませんか?

🌿精油は刺激が強いので、肌につけたり飲んだりしないようにしましょう。特に目に入れたりしないように注意しましょう。

🌿5mL入り精油を5本選んで1000円で、送料無料のかなりお得なプランです。真正ラベンダー、オレンジスイート、レモン、ローズマリーカンファーを選んで、もう1つ好きな精油も買えてしまいます。

🌿精油やアロマセラピーを基礎から学びたい人のために。AEAJのアロマセラピー検定合格を目指してみませんか。

🌿お勧め雑貨店です。
「日向ぼっこのような暖かい暮らしのお手伝いをしたい」暮らしを豊かにするインテリアや雑貨を販売するネットショップです。


お勧めのディフューザーです✨



ヒーリングビューティショップ | HBS

昼間は頭をすっきり、夜はゆったり気分になりたい人にお勧めのアロマレシピを紹介します。精油は4種類、通販で5種類1,000円で試せます。


こんにちは。研修認定薬剤師のゆきです。

わたしの住んでいる町にも、雑貨屋さんで精油を取り扱っている所があります。商品を見ていると、昼用、夜用とうたったブレンド精油がありました。

昼間は頭をすっきり、夜はゆったり気分になるようなレシピで、ラベルを見ると昼用はレモンとローズマリーカンファー、夜用は真正ラベンダーとオレンジスイートの精油を使用しています。

レモンとローズマリーカンファーの香りは、交感神経系を活性化して集中力と記憶力を強化すると言われます。また、ラベンダーとオレンジスイートの香りは、副交感神経系を活性化して神経を落ち着かせると言われています。

実はこのレシピ、補完療法としてアルツハイマー型認知症にかかっている方の認知機能を改善するか検討された研究があります1)。

その際、レモンとローズマリーカンファーは1:1、真正ラベンダーとオレンジスイートは2:1で使用されていたようです。

わたしのような健康な人が試しても、効果が分かるくらいの変化があるのか興味津々だったので、ワセリンを使って精油1%のハンドクリームを作って見ました。さっそく今夜試してみようと思います。

よく眠れることを期待して。

ヒーリングビューティショップ | HBS

1)Effect of aromatherapy on patients with Alzheimer’s disease. Jimbo D et al.; Psychogeriatrics 9(4): 173-179, 2009 PMID:20377818

雑貨屋さんで見かけたブレンド精油に似た商品です。ブレンド比率が異なりますが、手頃な価格で手に入りそう。

研究論文を書いた大学の商品です。オーガニックな精油を使用していますが、高価なのが玉に傷。

5mL入り精油を5本選んで1000円で、送料無料のかなりお得なプランです。真正ラベンダー、オレンジスイート、レモン、ローズマリーカンファーを選んで、もう1つ好きな精油も買えてしまいます。

精油やアロマセラピーを基礎から学びたい人のために。AEAJのアロマセラピー検定合格を目指してみませんか。

睡眠にトラブルがある人にお勧めのアロマレシピと、初心者でも手軽に試せる方法を紹介します。精油は5種類1,000円で試せます。


おはようございます。研修認定薬剤師のゆきです。

皆さんは夜はよく眠れる方でしょうか?わたしは寝付きは良い方なのですが、夜中に目が覚める事があります。出来れば朝までぐっすり眠りたいなあと思います。そんなアロマはないでしょうか?

睡眠のトラブルには3つの種類があります。寝付きがよくない、朝早く目が覚める、夜中に目が覚める、です。順番にアロマのレシピを見てみましょう。

寝付きがよくない時にお勧めのアロマは、ラベンダー、プチグレン、クラリセージ、オレンジスイートです。この中から1種類を選び、精油1滴をホホバオイル5mLによく混ぜたものを、首筋や胸に塗ったりマッサージしたりします。寝る1時間前から行うのが効果的です。芳香浴として、ティッシュに落として枕元に置くだけでも良いです。

朝早く目が覚める時には、オレンジスイートのアロマバスがお勧めです。37~39℃のお湯にオレンジスイート3滴を落としてよくかき混ぜ、寝る前にゆったりと入浴します。途中で目が覚めるのにも使えます。

そして最後に、わたしが一番知りたかった途中で目が覚める時には、プチグレン1滴、オレンジスイート、ラバンサラ、ラベンダー各2滴をホホバオイル20mLによく混ぜて、胸や背中に塗り、やさしくマッサージします。

どうですか?試してみたいですね。でも、使用する精油が沢山なので、精油の品質を吟味して揃えるのも大変です。手軽に出来たら良いと思います。

わたしだったら、精油1種類で出来るオレンジスイートのアロマバスか、調合済みの市販のバス剤を使おうかなと思います。

オレンジスイートの精油です。オーガニックなハイパープランツの精油をお勧めします。

市販のバス剤は、お勧めのものがあります。

オーガニックな精油のみ用いたアロマバスです。真正ラベンダー、オレンジスイート、マージョラムのリラックスレシピで、どのタイプの睡眠トラブルにも対応出来そう。品質に定評のある、ハイパープランツの製品で、体に触れるバス剤としても安心です。わたしも試してみたいです。

興味を持たれた方がいらっしゃったら、ぜひアロマを一度試して下さいね。皆さんの睡眠が満足感のあるものになりますように。

ヒーリングビューティショップ | HBS

花粉症やアトピーの人にお勧めのアロマはカモミールジャーマンです。


精油に含まれるセスキテルペン炭化水素類には消炎作用があります。

カモミールジャーマンに含まれるカマズレンがその代表です。カマズレンには抗アレルギー作用もあり、花粉症やアトピー性皮膚炎に補完療法として用いられる事もあります。

医薬品のアズノールも、セスキテルペン炭化水素類に属しています。

花粉症の場合は芳香浴を行います。ディフューザーを用いたり、手軽にするならティッシュに1滴落としても良いです。

アトピーの場合は、ホホバオイル等のキャリアオイルで1%に希釈して使用します。パッチテストを必ず行って下さい。

参考「医師がすすめるアロマセラピー決定版」

ヒーリングビューティショップ | HBS

ラベンダー精油でリラックスしたい人に真正ラベンダーを勧めたい、たったひとつの理由。成分のリナリルアセテートが多い品種は真正ラベンダーだけ。


こんにちは。研修認定薬剤師の奥村です。

今日はアロマセラピーの話です。ラベンダー精油にはリラックス効果があることは有名ですが、試してみても、思っていた程効果が出ないとがっかりした事はないでしょうか?

これには理由があります。精油によってリラックス成分が少ないものがあるのです。

ラベンダーには真正ラベンダー、スパイクラベンダー、ラバンジン等種類が色々あります。市販の製品の多くは、ラバンジン、学名Lavandulax intermedia、またはLavandula hybridaと言う品種を原料にしています。

ラベンダーの精油の主成分は酢酸リナリルやリナロール等です。このうちエステル類の酢酸リナリルが鎮静効果をもたらす成分です。鎮静効果を期待するには酢酸リナリルを35%以上含有する必要があります。

ところが、酢酸リナリルを多く含むのはラバンジンではなく真正ラベンダーです。真正ラベンダーは高度500~1,000m以上の高地に自生する品種で学名Lavandula angustifoliaです。

アロマセラピーにご興味を持って頂いたなら、真正ラベンダーを使用している精油を一度お試しになって下さい。きっとぐっすり眠れると思います。

今日の記事はいかがでしたか。皆さんの健康を守るためのご参考になさって下さい。

参考「医師がすすめるアロマセラピー決定版」川端一永著 マキノ出版

真正ラベンダーを原料にした精油を紹介します。品質に定評のあるハイパープランツ社の製品でお勧めです。

ヒーリングビューティショップ | HBS

セントジョーンズワートのハーブティーやサプリを摂っている人が、病院や薬局で申告しないと行けないたったひとつの理由。薬によっては、効き目が弱くなる事があります。


ハーブティーのセントジョーンズワートですが、病院でもらう薬の中に飲み合わせの良くないものがあります。

具体例を挙げると、免疫抑制薬のシクロスポリンや、強心薬のジゴキシンの血中濃度を低下させます。時に治療失敗を招いた事例も報告されています。

血中濃度が低下する理由は、何でしょう。ジゴキシンの研究でピーク濃度であるCmaxの低下が観察されています。この事から、薬物の吸収率の低下が影響しているのではないかと考えられています。

やや専門的になりますが、この現象は消化管の薬物代謝酵素CYP3A4及び、薬物汲み出しトランスポーターP-gpの増加によるものと説明されています。

この相互作用は意外と長く続きます。シクロスポリンを想定したシミュレーションで、セントジョーンズワートの影響が無くなるのに、2週間かかるとされています。

この記事を読んでいる方に、セントジョーンズワートを飲まれている方は、いらっしゃいますか?

もし飲まれているなら、病院を受診する際に医師・薬剤師に教えて下さい。効果的な治療を受けられるための大事な情報になると思います。

今日の記事は、いかがでしたか。皆さんの健康を守るための参考になれば幸いです。

参考「エキスパートが教える薬物動態」じほう

ヒーリングビューティショップ | HBS