横紋筋融解症を起こすリスクを取ってもスタチンを服用するかは、医療・社会・経済的視点が必要となる。

前回、スタチン服用による副作用リスクを具体化する方法について話しました。今回はリスクが大きいのかどうか、と言う話をしようと思います。スタチンを服用するほどにリスクが大きいのか、と言う観点から始めて、最後に横紋筋融解症のリスクは大きいのか、と言う話で終わりたいと思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA