ホスピタリストのための内科診療フローチャート

薬局薬剤師はカルテを見る機会もなく、検査値もガイドラインと治療内容から推定するしかありません。そんな薬局薬剤師に強力に役に立つ書籍を紹介します。処方内容から、病態や様々な検査値の取りうる値が推定出来ます。

関連記事です。
ホスピタリストのための内科診療フローチャート

ジェネラリストのための内科診断リファレンス

内科診療ストロング・エビデンス

症例から学ぶ和漢診療学

和漢診療学 新しい漢方

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です